読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

ストイックな人

周りの人は私のことをよくストイックだといいます。

覚えられないのではなく覚える気がない

みなさんはクレジットカードの情報を暗記していますか?

AirPodsを手に入れた

出張のついでに寄ったApple StoreでAirPodsがあったので購入してしまいました。

楽天ブラックカードに突撃してみた

楽天ブラックカードに突撃してみました。

金正男が殺害されたらしい

金正男氏がマレーシアで殺害されたらしいです。

安倍晋三と骨川スネ夫と徳光和夫

ゴルフをする安倍首相が徳光さんに見えて仕方ありません。

明日から給与ゼロでも今の仕事を続けるか

私たちはなんのために今の仕事をしているのでしょうか。

英検1級のエッセイ対策をブログに応用する

英検1級のエッセイ対策はブログを書く時にも役に立つ、というお話です。

貯蓄1000万円「富女子」台頭

日経新聞読んでいたら面白い見出しを発見しました。「富女子」台頭の記事です。

ブログを毎日更新できる人は語学も習得できると思う

最近毎日ブログを更新していますが、本当に難しいことだと思います。

働く男

働きたくない。

結婚相手に求める貯金額とその雑感

結婚相手に求める貯金額がどのくらいなのか調べてみました。

ビリビリ(bilibili)動画で「逃げ恥」をオンデマンドで見る方法

今回は投資とは全く関係のないことを書きます。私事ですが、「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマに完全にハマってしまいました。

スーパー銭湯での男と女をめぐる珍妙な出来事

先日実家へ帰った際に、スーパー銭湯へ行きました。そのときのお話しです。セミリタイアとか投資とか全く関係ありません。ただの雑記です。

最後のイゾラド再放送するみたいですね

先日NHKで見た最後のイゾラドの感想文を記事にしましたが、8月24日に再放送するみたいです。ちなみにこれは私のセミリタイアの話と全く関係ありません。もっと壮大なテーマです。

最後のイゾラド 森の果て 未知の人々

オリンピックやってるかなと思ってNHKつけたらこんな番組やってました。かなり面白かったです。食い入るようにみてしまいました。

2016年中に総資産3000万円は達成できるのか

直近の目標は今年中に総資産3000万円到達です。果たしてそんなことが可能なのでしょうか。

人間という乗り物に乗って

なんで資産運用をしているのかと問われれば、人生の自由度を高めたいからというのが私の答えです。つまり、好きなことを好きなときに好きな人と(または一人で)したいからです。これらをするためには少なからずお金が必要になります。お金が多ければ多いほ…

もしも100万円が手に入ったら

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」

大卒の社会人がセンター試験を受けるには

通訳案内士の筆記試験には免除要件があります。センター試験の日本史で60点以上取ると日本史の試験が免除になり、現代社会の試験で80点以上取ると、産業・経済・政治及び文化に関する一般常識の試験が免除になります。平成29年度のセンター試験について調べ…

サラリーマン8年目が無事に終了致しました。

本日をもって無事にサラリーマン8年目を終えることができました。

To be in the right place at the right time

だれしも一度は「運が良かった」と思える出来事に遭遇したことがあると思います。もちろん、本当に「運が良かった」のかもしれませんが、実はそれは単なる偶然ではなく必然だったのではないでしょうか。

約束の場所

大学時代によく聞いた歌の一つにCHEMISTRYの「約束の場所」という曲があります。

サラリーマンを辞めたいと思ったら

明日からまた仕事が始まるかと思うと、ものすごい絶望感につつまれてしまいますね。本当に何なのでしょうね、これは。それはあなた一人だけではなく、少なくとも私は同じように絶望していますし、この世の中の多くの人も同じだと思います。

人間のルーツと言語

人間がどのような進化をたどって今の人間になったのだろうか、最近個人的に興味を持っているテーマの一つです。調べてみると、アフリカで進化が起こったあと、その後各地域に拡散していったというのが定説になっているようですが、特に興味深いのはネアンデ…

セミリタイアするといっても

日曜の夕方にもなると、仕事行きたくない病が発病し、しなしなに萎えていくサラリーマンの方々が多いと思います。私もそのうちの一人です。そんなにいやならやめちゃえばいいじゃんと思うけど、なぜか辞められませんね。私もそのうちの一人です。

就職活動

私は就職活動をまじめにやりませんでした。ただ単に怠慢だったといえば、その通りかもしれませんが、そのときは自分の目の前に複数の選択肢があったということもその理由の一つです。人は選択肢を増やすことを好む傾向にありますが、選択肢が多いと逆に身動…