31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

29歳で2000万貯めた独身男子がお金について語ってみた

私が29歳で2000万の資産を作った方法をお伝えしたいと思います。

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみたという書籍が投資ブログ界隈で人気を博しているようです。実は私もちょうど29歳で総資産2000万円を人知らず達成しておりますので、29歳で2000万円貯めた独身男子がお金について語ってみてもいいのかしらと思ったわけです。

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた

29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた

 

 しかし、アプローチは全く異なります。その手法は、本書でまとめられているような立派な内容で再現性が高いものではなく、ほぼ博打で運任せの再現性が低い内容ですので注意が必要です。ただし、29歳で2000万円を達成できたのは事実ですので、アプローチは違いますが、参考になることもあるかもしれません。

その前に29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみたの感想を簡単に書いてみます。普段からITTINさんのブログを拝見しており、本書発売と同時に日本から取り寄せました。本書には、お金を貯める仕組みの作り方について、ブログ同様とても分かりやすくまとめられていました。まず第一に、お金を貯めるためには、収入の獲得と支出のコントロールが重要ということです。そして、普通のサラリーマンやOLでもやり方次第で2000万円貯められることをITTINさんが実践されている方法を用いて例証されています。お金がなかなか貯まらない方、もっとお金を貯めたいと思っている方は、ぜひ本書を手に取って読んでみてください。

ちなみに私の手法は運任せなので、この通りに実践してもうまくいく保証は全くありません。さらに精神的にもかなりの負担が強いられます。よろしいですか。よろしいですね。良い子はマネしないように。

方法① 個別株一括投資。

ハイリスクハイリターンの真骨頂。大学卒業と共に個別株に300万相当額を一括投資。リーマンショックで株価が半減し、150万円の含み損に。社会人1年目で人生に絶望し、発狂しながらもなけなしの給料+ボーナスで怒濤の個別株買い増し。これが奏功し、アベノミクスで奇跡の復活を遂げる。

方法② 外貨一括購入。外貨保有比率80%以上を目指す。

当然円高にはめっぽう弱い。大学卒業時に一括購入したNZドルがリーマンショックで半減し、50万円ほどの含み損を抱えるが、円高局面でひたすら外貨を買い増した結果、アベノミクス+追加バズーカで為替差益の恩恵を授かる。海外駐在後は、日本のほぼ全ての資産を米ドルに替え、外貨保有比率は80%以上に。

方法③ 海外駐在で可処分所得アップ。

海外駐在すると海外手当や住宅を用意してもらえるケースが多いため、日本よりも可処分所得が増える可能性が高い。中国在住時の給与が人民元だったので円安+人民元高による為替差益も。しかし、海外駐在はだれもが出来るわけではなく、海外生活は予想以上に不便なこともあります。人民元の今後の動向も不透明。

このように、ハイリスクハイリターンを求めて結果オーライだったというのが答えです。しかし、リーマンショックによる洗礼やアベノミクスがもたらした驚喜をこの短期間でセットで経験できたことはとても良かったと思っています。何とか市場から退場せずに投資を継続できたことが、たまたま良い結果に繋がったと思っています。これらを経験したおかげで普段から投資について考える習慣がつき、勉強を始めるきっかけとなりました。

投資やお金についてはひとそれぞれの考え方やポリシーがありますので、その方法がいいとか悪いとか言う(言われる)筋合いは全くありません。他人にどのように言われても自分の好きなように自己責任でやれば良いと思います。私も引き続き色々な書籍や投資ブログを参考にしながら、自分の頭で考えて投資方針を策定し、実行に移していきたいと思います。

※投資についての記載がありますが、投資をおすすめするものでありません。投資については自己判断のもと、自己責任でお願いします。