31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

中国でSIMカードを入手する方法

中国に行く機会が多い方は、中国のSIMカードを持っていると何かと便利です。なぜなら微信や支付宝などのアプリの登録や銀行口座の開設などで必要になることが多いからです。中国で自分専用のSIMカードを用意してそれに全てを紐づけるようにすれば管理も便利です。今回は、中国でSIMカードを入手する方法簡潔に書いてみようと思います。

ちょっと前までは、そこら中の売店でSIMカードを購入することができたのですが、現在は実名登録が義務づけられており、各通信会社(中国移動など)の窓口で手続きをする必要があります。先日、中国移動で友人のSIMカードを入手する機会があったのでどのようなやり取りがあったのか書いておこうと思います。

①パスポートとSIMフリーの携帯を中国移動に持っていく。

②入り口に立っている係の人に「SIMを買いたい」的なことを中国語で伝える。

③番号札を渡される

④順番が来たらもう一度「SIMを買いたい」的なことを中国語で伝える。

⑤「向こうの端末で番号を自分で選べ」と言われる。自分で番号を選ぶと電話番号が記載された紙がもらえる。それを窓口に渡す。

⑥パスポートを渡し、手続きを進める。料金プランを聞かれるので、「一番安いやつ」と答える。(確か基本料金38元/月)

⑦いくらチャージするか聞かれるので好きな分だけ預ける。200元位あれば十分。

⑧SIMカードのサイズ間違えないように。

⑨中国移動のアプリをインストールすると残高と費用が分かるので便利。

ざっとこんな感じで手続きが終了します。中国語検定3級位のレベルと一歩踏み出す勇気さえあればだれでも出来ると思います。3級持ってなくても勢いさえあればなんとかカバーできると思います。

初めてこのような手続きをするのはとても勇気のいることですが、この積み重ねがとても重要です。中国でSIMカードの入手ができないようであれば、恐らく銀行口座の開設も無理だと思いますし、海外生活への順応も困難だと思います。自分の居住範囲を広げられるよう海外にいるときに少しずつ自分でできることを増やしていくことが肝要です。

次回は、今回手に入れたSIMカードを海外で使用できるようにするのはどうすればよいかについて書こうと思います。