31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

資産状況 〜2016年11月第1週〜

徐々に寒くなってきましたね、秋が終わり冬の到来を感じます。もうそろそろクリスマスに向けて世の中は賑わい出すのでしょうね。人肌恋しくなる季節です。はい、今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20161108090535p:plain

先週はこちら

f:id:wakaiojisan:20161104125830p:plain

大統領選のせいかどうかわかりませんが、S&Pが9日連続で下げたというニュースを見ました。このため、私の資産も先週比で3000ドル位下がっています。一日の下げ幅がそんなに大きくなかったのか、一週間連続下げたとしても3000ドル位しか下がっていないんですね。とは言え、資産ピーク時と比べれば8000ドル位は下がっている事になります。

よくこのような状況になると、インデックス投資家は、長期投資なんだから目先の動きはきにするな、今回の下げ程度で狼狽して売却するのは愚の骨頂だ、という記事をよく目にします。実際、私もそれに近い事をよくいうことがあります。

なぜわざわざこんなことを言うのかというと、やはりインデックス投資家の大半が目先の値動きを気にしているからだと思います。ブレ始めた思考を元に戻すために、活字を使って発信する必要があるのだと思います。じゃあお前は気にしていないのかよ、と言われるでしょうが、当然気にします。気にしなければ毎週のように資産状況を公開することはないでしょうし、時には売却欲求に駆られることもあります。

あーあ、株下がってきちゃったな、トランプが大統領になったらもっと下がるらしいし、ここは一旦売却しておきたいところだな。なんて思っている方は結構いらっしゃるかもしれません。そこでインデックス投資開始時に始めたころの気持ちを思い出し、目先の動きにとらわれるな、大人しくルール通りに積立投資せよ、と言うことを活字に認めるのです。こうすることで、自分を戒め、他人の目もあるので、ぶれにくくなります。つまり、これまで通りの投資スタイルを堅持しやすくなります。

全ての人がそうではないと思いますが、ブログで発信する事によって自分を律することができるのであれば、それはそれで良いと思います。しかし、逆にそれはデメリットでもあります。なぜならそのスタイルが果たして本当に正しいのかわからないからです。間違ったことを一生懸命続けても意味はありません。しかし、自分で試行錯誤しながら色々工夫してみるのは有意義なことだと思います。