読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

資産状況 2017年1月第5週

今週はダウが2万ドルを突破しました。私のポートフォリオはどうなったのでしょうか。

f:id:wakaiojisan:20170128223957p:plain

先週はこちら

f:id:wakaiojisan:20170122092448p:plain

ということで先週比で1000ドルほど上昇しています。VDCとVDEはあまり伸びず、VTIがそこそこ好調な感じです。ドルは115円位で推移しています。トランプ大統領がどんどんいろんなことをやっていますが、大丈夫でしょうか。どうなるかわかりませんが、今後も投資は継続していきたいと思います。

さて、現時点の投資額を振り返ると、HSBCだけで約2000万円を米国株に投資していることになります。他のも合わせると二千数百万円を株に突っ込んでいるわけです。私自身この状況には慣れてきましたが、一般的にはかなりリスクを負った投資であるとみなされるのも無理はありません。

たまに会社の同僚や友人とお金に関する話をすることがあります。これは投資がどうとか、貯金がどうとかという話ではなく、家をローンで買ったとか車を買ったとか、そういう買い物の話です。〇〇さん車を300~400万円で一括で買ったらしいよ、お金持ちだよね~、とかそういう話をたまに聞くわけです。こういうときに、周りの人のリアルなお財布事情とその感覚を垣間見ることができます。

サラリーマンで数百万円のものを一括で買うというのはかなり思い切ったことだと思いますし、買った方はかなりやってやった感があるのだと思います。会社に入ったばかりの頃は、それなりにサラリーマンやってると数百万位簡単に使えるようになるのかと驚いたこともありました。

しかし、今では数百万使うということがどれほどのものかイメージがよく掴めなくなってきました。最近は株に投資しているお金がより一層バーチャルなもの、いわばゲームの中のお金のように感じてきてしまっています。ドラクエのカジノでコイン稼いでる気分です。でもよく考えてみればお金はまさにバーチャルそのものだということに気づかされます。3000万円あれば、一万円札が3000枚あるわけですが、これらはただの紙です。みんなが価値があると思っているから価値があるわけです。だから、大衆の前にばらまかれれば、みんなこぞってそれをつかみ取りにいきます。ある意味これは少し恐ろしい気がします。

お金は何かと交換するためのツールです。だから、お金を何と交換するのが自分にとってベストなのか常に考えることが大切です。しかも、お金は死んでしまったら使えません。バーチャルなお金をリアルなものとするためにお金を使うことは大事だと思います。または、一回すべて現金化して自分の目の前に置いてみるというのも面白いかもしれません。一回くらい札束使って遊んでみたいです。