32歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

収入の手段を増やす

お金持ちになるにはどうしたらよいのでしょうか。お金持ちになるには、①収入を増やす、②支出を減らす、③資産運用の利回りを上げるの3つの方法がありますが、ここでは「収入を増やす」ことにフォーカスしてみたいと思います。

では、収入を増やすにはどうすればよいのでしょうか?ただ会社で出世したり、給与の高い会社に転職すればいいというわけではありません。

いろいろな方法があると思いますが、「収入源を増やす」というのがシンプルかつ効果のある方法ではないかと思います。内藤忍氏は、本人のブログの中で収入源を下記の7つに分類していました。

  1. 人に雇われて労働
  2. 自分でビジネス
  3. 金融資産への投資
  4. 国内不動産への投資
  5. 海外不動産への投資
  6. 事業への投資
  7. その他への投資

引用元:真面目に一生懸命働くだけでは、経済的に豊かになれない理由

この中で私が行っているのは、1,2,3,6です。多くの人は1に該当すると思います。そして、収入源がこの1だけという人が多いのではないでしょうか。次に2ですが、このブログは私のビジネスのひとつです。ほとんどゼロに等しいのですが、立派な自分のビジネスであると思っています。3は、株式投資が当てはまります。このブログのメインテーマでもあります。そして最後に6ですが、友人の会社に出資しています。小さい会社ですが、順調に業績は伸びてきているようで、いつしか膨大な利益を手にすることを夢見ています。今のところリターンはありませんが。。

上記のブログでは、トマピケティの「r>g」の数式、つまり労働するよりも資産運用する方が有利だよ、ということを引いています。この1から7で言うと、1と2はgの労働に連動し、3以降はrの資産運用に連動しています。だからといって3から7の投資をしなさいということではありません。大事なことは、自分のできる範囲でこれを組み合わせ、自分にとってベストな組み合わせと方法を編み出せ、ということです。

では、私はどうしていけばいいのか。残されたものはひとつしかありません。不動産投資です。もちろんこのことには気づいていたのですが、どうも不動産投資には踏み切れないでいます。ただ、悩んでいても何もはじまらないので、これからは不動産アンテナを張って、さらに収入の手段を増やす努力をしていきたいと思います。

このように、まず収入源が一つしかない人は、それをもう一つ増やしてみることをおすすめします。そして、それが自分に適しているのかを判断していく。まずやってみないと何も分かりませんので、ほんの小さな一歩でよいので足を踏み出してみましょう。私もこれまで敬遠していた不動産投資の勉強も少しずつ始めていき、収入源を増やす努力をしていきたいと思います。