読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

資産状況 2017年2月第3週

資産状況

今週は色々なことがありましたね。ゴルフ、ミサイル、暗殺。私のポートフォリオはどうなっているのでしょうか。

f:id:wakaiojisan:20170218125751p:plain

先週はこちら

f:id:wakaiojisan:20170211222426p:plain

あれ、なんか銘柄が増えてないかと思った方もいらっしゃるかもしれません。英国ADRをHSBCで買うと配当金への課税はどうなるのか?という実験をしているところです。権利確定が近い二銘柄を試しに購入してみました。

 二つ足しても70ドル位なので大勢に影響は全くありません。もしこれで課税がゼロだったら良さげな高配当英国ADRをポートフォリオに組み入れてもいいかもね、となるわけです。非居住者限定の特典です、日本居住者の人はどこでやろうと一緒ですからご注意ください。お楽しみに。

さて、米国株が連騰しており、私のポートフォリオも上昇を続けています。とても幸せです。先週比で2000ドル強増えていて、6週連続で私のポートフォリオは上昇しています。また、生活必需品セクターの猛追もあり、ようやくVTI、VDE、VDCが3銘柄がプラスに転じて緑になりました。実験用のBPさえなければ全部緑だったのに。。エネルギーセクターのVDEはいまいちですね、どんどん下がってます。週末にかけてドル安にもなり、1ドル=112.8円くらいです。

このようにいい感じになってきていますが、投資をしているといいことばかりではありません。円高や株安になれば簡単に数百万が吹き飛ぶこともあるわけで、その含み損に耐えきれるだけの強靭な精神力を持ち合わせていなければなりません。

何もしていないのに500万円なくなることを想像できますか?

500万円あったら何ができると思いますか?

実際にこの1年間に円高株安で500万相当の含み損を抱えました。その中で歓喜し、絶望し、紆余曲折を経て、こうしてなんとか生き延びているのです。

簡単なようでこれはとても難しいことだと思います。だから多くの人は、流動資産の多くを貯蓄に回し、資産を増やすチャンスも逸してしまうのだと思います。もちろん私も1000万位吹き飛ばしたら発狂するかもしれません。私は1000万円をなくした経験がないため、自分がどうなるかわからないからです。よく自分のリスク耐性を見極めろと言いますが、運用資産も増えていく中で、そんなの直面してみないとわからないというのが持論です。運用資金が増えていくだけ、損失の攻撃力も大きくなるのです。

ですから、とりあえず余裕資金の大半は投資に回して自分の精神状況がどうなるかを観察していくしかありません。長い目で見守っていきましょう。