31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

BPの配当金における新発見

BPの配当金が無事に得られることになりました。そして新たな発見がありました。

一株あたり0.595ドルです。というお知らせ以外に、配当をキャッシュで受け取るか、株で受け取るか、オプションを与えられました。これは初めての経験です。

f:id:wakaiojisan:20170303062759p:plain

オプション1:配当をキャッシュで受け取れるよ、これデフォルトね。

オプション2:配当を株でも受け取れるよ、こっちがよかったら言ってね。

そしてREPLYのところから回答します。期限があるので要注意です。

f:id:wakaiojisan:20170303063953p:plain

なんじゃこりゃああ、という感じです。知らなかった。Scrip dividendというみたいです。もし配当再投資戦略を取るのであれば、最強のソリューションではありませんか。調べてみると、株式配当をしている会社は他にもあるようです。HSBCとかロイヤルダッチシェルとかもそうみたいですね。

参照:List of companies paying scrip dividends - Wikipedia

もし株式配当を選んだらどうなるのでしょう。今回は、配当課税ゼロを検証するため、キャッシュで受け取る方を選びますが、今後の新たな課題が見つかりました。次回気分が乗ったら選択してみたいと思います。ちなみに配当金は3月31日に振り込まれるようなので、配当課税はその時にまた報告します。

ところで、株で配当されたら税金はどうなるのでしょうか。日本ではなじみのないシステムだと思うので、ちゃんとした人に問い合わせないとわからなそうな気がします。配当再投資のDRIPとも違うんですね。ただ購入手数料なしで株数を積み増して、最後に非居住者で利益確定、というのが最強っぽいソリューションのような気がします。ただ税金含めいろいろトラップもありそうなので、このスクリップ配当についてはもっと勉強してみたいと思います。