31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

ストイックな人

周りの人は私のことをよくストイックだといいます。

私は何か興味のあることが見つかると徹底的にそれを突き詰めたくなる性向があります。その姿勢が周りの人から見るとストイックであるように見えるらしいです。

そもそもストイックとはどのような意味なのでしょうか。

ストイックとはもともと「ストア学派の哲学者」のことを指していたようですが、だれも私のことを「ストア学派の哲学者」っぽいと思って言っているわけではありません。

一般的に使われるのは「禁欲的なさま」を指すことが多いです。もしストイックという言葉を「禁欲的」であると定義するならば、私は全くストイックではありません。なぜなら、私がストイックに見える姿勢は、私がそうしたいからそうしているのであって、ストイックとは対極にある状態だからです。

セミリタイアを目指している私のようなサラリーマンはストイックではありません。逆に40年サラリーマン生活を全うしようとしている人の方がよっぽどストイックです。

例えば、セミリタイアを目指していて節約をしている人がいたとしましょう。周りの人はこの人のことをストイックだなあと言うかもしれません。しかし、実際はサラリーマン社畜生活を脱却したいからそうしているわけであって、これは決して「禁欲的なさま」ではないと思うのです。

それよりも日々散財して会社にしがみつかなければならない状況を自ら作り出しているサラリーマンの方がむしろストイックです。会社なんか辞めたいと連呼しながら、実際の行動は逆行している人たちのことです。

毎晩同じ人と飲みに行って無意味な愚痴をこぼしたり、キャリアアップのために無意味な資格試験の勉強をしたり、意識高い系のことをしてみたり。私も同じサラリーマンですが、周りの人たちがとても滑稽にみえてしまうことがあります。あなたは何のためにサラリーマンをやっているのですか?お金を稼ぐためではないのですか?

もしお金を稼ぐためにサラリーマンをやっているのであれば、効率的にお金を増やす方法を考えるべきです。しかし、多くのサラリーマンはお金のために働いているはずなのに、そのお金を一生懸命減らしているように見えます。この姿勢はまさにストイックそのものです。

長期的スパンで命を削ってお金を稼ぐのは合理的ではありません。いつかすり減ってなくなってしまうからです。だから、自分の代わりにお金を生み出してくれる資産を手に入れましょう、またはそれを自分で作り出しましょう。サラリーマンをやめたければ、まずこのことをしっかり頭に叩き込んで、時間と労力を注ぎ込むべきものは何か考える必要があります。

wakaiojisan.hatenablog.com