31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

無料でドル転海外送金する方法

できる限り低コストで日本円を米ドルに換え、それをHSBC香港に最短期間で放り込む方法を模索してきました。究極の形は無料で全てを成し遂げることですが、ついにそれが完成するときがやってきたようです。

以前にも記事にしましたが、SMBC信託銀行は定期的に為替手数料を無料にするキャンペーンを実施しています。

f:id:wakaiojisan:20170502181317p:plain

特典内容

タイムセール期間中に、円資金から対象商品にお預入れいただくと、円資金から対象の外貨に交換するTTSレートに含まれる外国為替手数料が0円となります。(通常1外貨あたり1円)

外貨を円貨に戻す際は、TTBレートが適用されます。TTBレートには、通常の1円の外国為替手数料が含まれます

外貨預金タイムセール | SMBC信託銀行

前回は4月の上旬にやっていました。

wakaiojisan.hatenablog.com

このキャンペーン期間中に50万円以上であれば、円貨→外貨の為替手数料無料(スプレッドなし)でドルを買うことができます(外貨→円は1円の手数料がかかるので要注意)。

さらに1000万円相当の資金残高があるか、企業優待プログラム(会社次第)に申し込んでいれば、海外送金手数料が無料になります。(普通は3500円かかる)。

wakaiojisan.hatenablog.com

つまり、資産残高1000万以上か企業優待プログラムのある方は外貨タイムセールを狙ってドル転して、海外送金すれば手数料ほぼ無料でドル転→海外送金が成し遂げられるのです。なぜほぼ無料かというと、上記で述べた為替手数料(スプレッド)がほんとに無料と言えるのか微妙だったからです。今回はこの部分を検証してみました。

  • 引き落とし金額50万円の場合

f:id:wakaiojisan:20170502182007p:plain

  • 引き落とし金額50万円を下回る場合

f:id:wakaiojisan:20170502182019p:plain

この実験から分かったのは、50万円以上ないと為替手数料が無料にならないこと、そしてレートはリアルタイムじゃないのでわかりづらいと思いますが、5月2日のYahooファイナンスのレートとほぼ同じであったことです。つまり、ぼったくりスプレッドは仕込まれてなかったということです。

以上より、SMBC信託銀行(PRESTIA)で外貨タイムセールを活用すれば、無料でドル転→海外送金ができることが分かりました。しかも、SMBC信託銀行からHSBC香港への送金時間はほぼ同時(数分~十数分)です。これこそ最短最安ドル転送金法です、

いやあほんとに私は暇人ですね。でも私は満足しました。

そんなに無尽蔵に送金できるお金はないけれど、タイミングが合えば今後も活用していきたいと思います。