31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

ハッピーな人生を手に入れるために新入社員がやるべきこと

この4月から社会人になったみなさんはいかがお過ごしでしょうか。

多くの人はまだ研修とかで業務に取り組んでいる人はまだあまりいないかもしれません。同期と一緒に合同研修を受けたり、OJTを始めたりしている人が多いのでしょうか。だとすれば、もう既に会社を辞めたいなんて思っている人はいないかもしれませんね。

しかし、ここで一歩立ち止まって想像してみてください。

あと40年もその会社で働き続けることを。どうですか?

私はこのことを思い浮かべた時に吐きそうになりました。そんなのムリゲーだと。もしあなたもそう思っているなら、早速いまから始めましょう。プリズンブレイクです。

私が後悔していることは、無駄遣いを減らして、もう少し早く米国株投資を知っていればよかったなあということです。もし知っていれば資産はいまよりもずっと多かったと思います。みなさんに私のようなタラレバおじさん(おばさん)になってもらいたくないので、いますぐ次のことをできることから実践してみてください。そして、サラリーマンという牢獄を30歳位までには脱出してください。

それができれば、自分の好きなことにお金を使って、好きな仕事をしながら幸せな人生を送ることができます。

新入社員がやるべきこと

  1. コスト削減する
  2. 米国株を買う
  3. クレジットカードを使う
  4. 海外出向を狙う
  5. 結婚を早まらない

固定費削減

まず、固定費を削減しましょう。不要な定期購読や年会費がかかっていないか確認してみてください。特に携帯は格安SIMなどを活用することでコスト削減できる可能性が高いです。これだけで毎月数千円のコストを削減できるかもしれません。大事なことは面倒くさがらずに自分で調べること。自分で調べて、自分で判断して、自分で実行するという習慣を身につけることがとても重要です。自分が会社の社長になったような気分でコスト削減を実行していきましょう。

米国株への投資

次に、証券会社の口座を開設して投資を始めましょう。コスト削減によって得られた余剰資金を投資へ回すのです。証券会社はSBI証券が無難だと思います。投資対象は、米国株に投資するインデックスファンドへの積み立てをおすすめします。

下記はダウ平均に投資可能なインデックスファンドです。

iFree NYダウ・インデックス 

たわらノーロード NYダウ

なぜ米国株かというと期待リターンがほかの国と比べて高く見込めるからです。そしてこのインデックスファンドをNISA口座で運用しましょう。できれば確定拠出年金も利用した方がいいですが、これは基本的には60歳まで資金を引き出せないので、その点に注意する必要があります。無理のない金額からでいいので、まずは始めてみることをおすすめします。

クレジットカード決済

決済はクレジットカードを使うようにしましょう。3つのメリットがあります。

  1. 家計簿が勝手にできる
  2. ポイントが貯まる
  3. 支払いを遅らせる

私の使っている楽天カードは、家計簿機能が備わっておりとても便利です。支出をカテゴリー管理する機能があるので、食費がいくら、交際費がいくらかという情報もグラフでわかりやすく管理できます。よくクレジットカードを使うとお金を使いすぎてしまうから使うのをやめましょう。という人がいますが、ちゃんとクレジットカードの明細を家計簿代わりにすればそんなことにはなりません。明細を見て、無駄な出費だと思うのを削減していけば自ずと無駄遣いは減っていきます。

楽天カードで貯められる楽天ポイントはEdyなどにも変えられるのでポイントをほぼ現金に近い形で使うことができます。還元率は1%ですが、長期的に使用すれば馬鹿にならないポイントになります。

支払いを遅らせるというのは決してリボ払いのことを言っているわけではありません。クレジットカードは、たいてい締め日までに使用した金額を翌月の特定の日に引き落とされます。現金で支払うとその場でキャッシュがなくなってしまいますが、クレジットカードであれば、手数料なしで翌月まで支払いを遅らせることができます。

なぜ支払いを遅らせることがメリットかというと、お金を生む資産はできる限り手元に置いておいた方がいいからです。

例えば、手元に1億円あって利回り3.65%の定期預金にお金を預けていたとすると、年間365万円の利子が得られます。1日あたり1万円です。1日1万円を生む資産をすぐに手放すか、一か月後に手放すか、どちらがお得でしょうか。答えは明確ですね。

基本的には支払いを遅らせると手数料がかかるものですが、クレジットカードの一括払いであれば、基本手数料なしで支払いを遅らせることができます。少し極端な例を使いましたが、この考え方を身に着けておくといろいろと社会で役に立ちます。

海外出向

海外志向は人それぞれだと思いますので、無理をする必要はまったくありません。しかし、もし海外に興味がある方は、ぜひ海外出向するチャンスを積極的にうかがってみてください。海外出向のメリットは、可処分所得の増大と非居住者になれることです。出向手当がついて給料が増えるだけでなく、住居費なども会社負担となるケースが多いので、可処分所得が飛躍的に増えます。また、非居住者は節税も期待できます。投資のインカムゲインやキャピタルゲインが日本で課税されることがありませんし、一定期間海外に駐在が見込まれていれば、日本で買い物をするときに消費税も免税になります。海外出向はサラリーマンの数少ない特権なのです。

結婚のタイミング

結婚を早まらないこと。余計なお世話ですね。もちろんこれも個人の自由なのですが、30歳位までに上記のことを実践できれば、恐らく3000万円位の資産を築くことができるはずです。もちろん、結婚してダブルインカムによる資産増大効果も狙えますが、自由が制限されてしまうのも事実です。独身であれば、上記のことは自分の意志と判断で行えますが、結婚をしているとパートナーの同意を得なければなりません。まず資産をある程度作ってから結婚した方が自分のためにも、相手のためにもハッピーだと思います。

まとめ

新入社員のみなさんは多くの可能性で溢れています。しかし、その可能性と選択肢は残念ながら今後減る一方です。一つの選択をすることで、ほかの複数の選択肢を失うことになります。しかし、お金さえあればその選択肢を減らさずに済むかもしれません。

もちろん、お金がすべてではありません。お金よりも大切なものもたくさんあると思います。しかし、お金があれば自分の大切なものを守ることもできるし、自分の世界を広げることもできます。ぜひ自分のお金のことに興味を持って勉強してみてください。みなさんがハッピーになるために、今からできることを少しずつでも始めてほしいと切に願います。