32歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

シスコ(CSCO)を買ったよ

6月23日シスコの株を10000ドル分(314株)購入しました。前から言ってたように定期預金が満期を迎えたので早速第一弾としてシスコを31.86USDで購入しました。だいたい株を買うと値下がりする傾向があるのですが今回はどうでしょうかね。

なぜシスコを買ったかというと、ダウの子犬銘柄の一つだからです。ダウの子犬とは、ダウ平均30銘柄の高配当トップ10のうち株価が最も安い5銘柄です。このダウの子犬はダウ平均をアウトパフォームする傾向があるということで知られています。方法は、一年に一回ダウの子犬銘柄を確認して入れ替えるという作業を毎年繰り返すというシンプルな方法でダウ平均を上回るリターンが得られるらしいのです。

さらにシスコはPPPでもあります。PPPとはダウの子犬銘柄の中で二番目に株価が安い銘柄です。これがさらに高リターン上げるらしいと囁かれています。

ほんまかいな、と思いますよね。

だから私はこうして皆さんのために身体を張って実験をしているというわけです。ちなみに記事執筆時点でのダウの子犬はこちらです。

  • Phizer(保有中)
  • Cisco(保有中)
  • Coca-Cola(保有中)
  • GE
  • Intel

このうちGEとIntelを保有してないので近日中に買うつもりです。このダウの子犬と高配当英国ADRからなる8〜10銘柄秘密のポートフォリオと米国インデックス(ダウとかS&P500)のどちらの方がリターンがいいのか実証していくのがこのブログの趣旨です。実に面白そうな試みですね。

いつまで生きているかわかりませんが、私が60歳になる頃には何らかの回答が出ていることでしょう。30年後の自分は笑っているのか泣いているのか。どうぞ末永くお付き合いください。