31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

スクリップ配当狙いならRDS.BよりRDS.Aの方が得だった

あなたはA派ですか、それともB派ですか?

もちろん血液型の話をしているわけではありません。ロイヤルダッチシェル株の話をしています。

私はロイヤルダッチシェル株を保有しており、配当は株でもらうようにしています。しかし、読者の方からご指摘いただき、スクリップ配当狙いだったらRDS.Aの方が利回りがよくなるんだよ、ということです。いったいどういうことのなのでしょうか。

RDSAとRDSBの違いについてはこちらに詳しい説明があります。

肝心なところを簡単に言うと、RDSAはオランダベースなので源泉徴収税15%かかるが、RDSBはエゲレスベースなので源泉徴収税が0%なんです。配当金額は同じだから、RDSBの方が得なのは、算数が小学生レベルの私でもなんとなくわかります。

RDSAは15%の源泉徴収されますよの図

f:id:wakaiojisan:20170817102826p:plain

ところが、配当をスクリップ(株)で受け取る場合、15%課税がないらしいです。頭の良い方ならそれでもRDSBも一緒だよね、とすぐに突っ込むでしょう。それが違うんです。何が違うかって。

RDS.AとRDS.Bの違い

f:id:wakaiojisan:20170817104510p:plain

分かりましたか?

価格が違うんです。価格が違うのに配当金が同じなのです。同じ配当金が出るなら安い方がいいですね。ちょっと計算してみましょう。それぞれ1万ドル買うと、どの位の差になるのでしょうか。(小数点第一位四捨五入)

  • RDS.A:10000÷54.75=183株
  • RDS.B:10000÷56.51=177株

RDS.Aの方が6株多く買い付けることができます。これで配当金額が同じですから何が起こるかというと、、

  • 6株×0.94USD=5.64USD

1万ドル投資してスクリップ配当を選択するなら、四半期毎に5.64USDほどRDS.Aの方が利回りが良くなります。

海外のブログを参考にしてみるのも勉強になります。

いかがでしょうか。

RDSBからRDSAに乗り換えて実験してみようと思い始めました。いろいろな発見があって面白いですね。これからも勉強を続けていきたいと思います。