32歳サラリーマン米国株投資日記

もっと肩の力を抜いて生きよう

会社に行きたくなくなっているあなたへ

GWなどの連休前はとても気持ちが高ぶりますが、終わりが近づくにつれて絶望が押し寄せてきます。そんなみなさんに捧げます。

なぜそこまで仕事のことに悩むのか。それは会社に人生を賭けすぎているからです。自分が好きでやっているならいいけれど、そうじゃないなら少し肩の力を抜いてみよう。

人は田舎や海岸や山に引きこもる場所を求める。君もまたそうした所に熱烈にあこがれる習癖がある。しかし、これは皆極めて凡俗な考え方だ。というのも君はいつでも好きな時に自分自身の内に引きこもることができるのである。実際にいかなる所といえども、自分自身の魂の中にまさる平和な閑寂な隠れ家を見出すことはできないだろう。

引用元:自省録 (岩波文庫)

もしそんなに会社に行くのが辛いなら全てを投げ出してしまうのも一つの方法です。あなたの心を健やかに保つためにそれが必要なら今すぐそれをすべきです。

大丈夫、仕事を一つ二つ辞めたところで即死亡するわけではありません。むしろ心身共に健康になって何かハッピーことがたくさん起こるかもしれません。

はぁ、会社に行きたくないなぁ。

そんな思いをしているなら会社に行くのをやめたほうがいいです。いやなことを気が進まずにやってもいいことはありませんし、長続きもしないでしょう。

思い切ってその嫌なことを一つずつやめにしませんか。あなたの意志さえあればあなたの人生を変えることは思ったよりも簡単です。

とりあえず明日から実験してみましょう。

私は会社で書かされるキャリアプランという言葉が大嫌いです。

そんなの知るかといつも心の中で吐き捨ててこう書きます。

「5年後の私」

「できる限り早く経済的独立を成し遂げて柴犬ブログを立ち上げたい」

会社ではその年に優秀な成績を残した人をみんなの前で表彰しボーナスを出すこともあります。自分の成果が認められた気がして少しうれしくなっちゃいます。

でも騙されちゃいけません。

会社を辞めようとすると、いま会社を辞めるのはもったいないよ、と言ってくる人がいます。でも今会社を辞めないともったいないこともたくさんあると思います。

それをみんな分かっていないということが分かりました。

休みを取りたいけどこのタイミングで有休を取るのは気が引けるからやめておこう。そんなこと思っているあなたは犠牲者です。

とりあえず今すぐ飛行機のチケットを取りましょう。休みの連絡は飛行機とホテルがちゃんと取れてからです。

 これが僕のモットーだ。「ゆっくり歩け、たくさん水を飲め」

 無職の頃、サラリーマンの友人たちは私に言いました。

「いったい君は何をしてるんだい?」

私は言い返しました。

「君たちのほうがいったい何をしてるんだい?」

いかがでしたか。

少しでも心がスッとしたと思う人がいればうれしいです。

そんなに思い悩まなくても大丈夫。世の中にはもっと楽しいことがたくさんあるから。

今からでも遅くはありません。この休みは自分が心から楽しいと思えることをもう一度やってみませんか。

嫌なことは終わりにして、自分の人生を生きるのです。