32歳サラリーマン米国株投資日記

もっと肩の力を抜いて生きよう

資産状況 2018年6月第3週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20180623141004p:plain

  • 今週:234,126.06USD
  • 先週:236,255.41USD
  • 差異:-2,129.35USD 

為替レート:ドル=109.967円

パフォーマンス比較(先週のリターン)

  1. Dow:+19.77%(+22.96%)
  2. VTI:+18.38%(+19.80%)
  3. VOO:+18.08%(+19.13%)
  4. PPP:+7.92%(+7.43%)
  5. 個別株:+0.23%(+0.53%)
  6. ダウの子犬:-2.57% (-2.04%)

先週比で2000ドル減少しています。全体的にさがっていますが、原油関連のRDSBが22日に4%上げました。OPECの定例総会で原油の減産を一部緩めることになったためです。

また今週はGEがダウから外れることが決まりました。元々ダウから外れることが決まっていたようなものなので特段驚きはありません。

しかし、私の投資方針の一つはダウの子犬を保有することにしています。このルールに従うとGEを売却しなければなりませんが、今はこのままホールドしてみようかと思っています。引き続き暖かく見守って頂ければ幸いです。

さて、今日テレビを見ていたら、沖縄全戦没者追悼式の中継をやっていました。その中で相良倫子さんが自作の平和の詩「生きる」を朗読しました。

沖縄慰霊の日: 「平和とは、あたり前にいきること」(共同) - 毎日新聞

これが大変見事でおじさんは感動しました。詩もさることながら、朗読もとても上手です。

これは才能ですね、感受性がとても豊かな印象を受けました。

改めて思ったのは、ことばのリズムは大切だということです。自分で書いた文章を音読してみるとたちまちそのリズムの良し悪しが分かります。

ことばのリズムが良いと聞く人に深い印象を与えられるし、感動も与えられる。こんなブログの日記一つとってみてもリズムは大事です。

人間にとってリズムというのは、ことばの意味以上のものを持つことを再認識しました。