32歳サラリーマン米国株投資日記

もっと肩の力を抜いて生きよう

半分、VTI。

私はほぼ全財産を米国株に投じていますが、その約半分はVTIという全米株に投資するETFが占めています。

私が目指しているのはサラリーマンを15年ほどで卒業した後、米国株への投資を通じて、残りの人生を自分の生きたいように生きることです。

必ずしも米国株への投資ではなくてもいいのですが、経済的自由を手に入れるためには何らかの資産を手に入れる必要があります。

株はお金さえあれば誰でも手に入れられる資産です。中でも米国株は長期的に保有すれば儲かる可能性が高いらしい。だから私は全財産を米国株に投じています。

しかし、米国株投資を始めてみたいけど、どの銘柄を買ったらよいかわからないという人は多いと思います。そこで私は次のポートフォリオを提案します。

 

『半分、VTI。』です。

半分をVTIにして、もう半分を好きな株に投資するのです。

もちろんこれがベストのポートフォリオではありません。リターンを追求するなら、全米株のVTIやS&P500のVOO一本の方が良いと思います。

しかし、「半分、VTI。」のいいところは、半分をインデックスにすることで大外しを避けつつ、自分の好きな個別銘柄への投資が楽しめることです。ポイントは楽しめるです。

運が良ければインデックスを上回るリターンを得られるかもしれません。

投資を始めるとどうしてもインデックスを凌駕したいというスケベ心が芽生えます。自分だったらできるのではないかと全く根拠のない自信を誰しも抱くものです。

これは決して悪いことではないのですが、その無根拠な自信による投資行動の大部分は失敗に終わります。

かくいう私もスケベ心丸出しで手を出した個別株でひどい目に合っています。もしかしたらこれからリターンが上がるのかもしれませんが、現時点では全然だめです。

だから、一度そういう痛い目に合って自分の愚かさを認識することが必要です。

または、株式投資における自分の驚異的才能を発見するために個別株に挑戦してみる必要があります。

そこで「半分、VTI。」ポートフォリオの出番です。

半分は安定したリターンを狙いつつ、もう半分でアグレッシブに攻めてみるもよし。好きな銘柄に投資するもよし。高配当株で固めてもよし。

これからも連続投資小説「半分、VTI。」をお楽しみください。