32歳サラリーマン米国株投資日記

もっと肩の力を抜いて生きよう

資産状況 2018年7月第1週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20180707085531p:plain

  • 今週:235,942.22USD
  • 先週:232,499.83USD
  • 差異:3,442.39USD 

為替レート:ドル=110.425円

パフォーマンス比較(先週のリターン)

  1. Dow:+19.17%(+18.26%)
  2. VTI:+18.67%(+16.70%)
  3. VOO:+17.82%(+16.19%)
  4. PPP:+9.70%(+7.24%)
  5. 個別株:+1.76%(+0.66%)
  6. ダウの子犬:-0.15% (-1.51%)

先週比で38万円増えました。徐々にダウとVTIの差が縮まっていますね。一時期飛びぬけてましたが、こうして平均的な値へ収束していくのでしょう。

 

さて、6月と7月は私にとって配当金の季節です。

VTIや高配当個別株から配当金が分配されます。先日もコカ・コーラから配当を受け取り、HSBCはスクリップ配当により、259株→261株へと保有株数が増えました。

かき集めると結構な金額になります。

今だと年間ちょうど6,000ドルなので約66万円です。月々55,000円ね。

結構大きいです。

サラリーマンていうやつだと、月給1万円上がることはそう簡単ではないと聞く。

ベアだか熊だか知らないけど、月給1000円上がる上がらないでごちゃごちゃやっている。

月給3000円上がると歓喜の声が上がる。

ちょ、ちょ、ちょ、ちょ。

月給1000円上がって嬉しいの?

あなたの生活の何が変わるの?

「雇用中の従業員を引き留めるため」というのが理由らしいですが、それっぽっちで引き留めようとする方も、引き留められる方もおかしいぜよ。

ベア12万円とかなら分かります。

 

私はどうでもいいと思ってしまいます。

それだったら自分でベアした方がいいですよ。牛だけど、月給1000円ベアする方法教えます。

フィリップモリスを24株(約22万円分)買ってください。以上

フィリップモリスいつのまにか増配していて一株当たり1.14USD/Qの配当が出ます。

Stock & Bond Information | PMI - Philip Morris International

年間4.56USDです。月給1000円アップを目指すなら年間12,000円(約108USD)の配当金が得られるようにフィリップモリス株を買えばよろしい。

ずばり24株だ。(24株×4.56USD=109.44USD)

しかも、フィリップモリスは源泉税かからない。こういう株はNISAで運用すると効率がいいぜよ。

非常に明快な答えが用意されている。

でも、やらない、やれない。やる気がない。方向が違うんだ、力を入れる方向が。

この差ぜよ。

ちなみに私の米国株資産をすべてフィリップモリスに変えると、今なら2868株手に入る計算です。そして、配当金は年間13,078USD(月1,090ドル)です。

大体月12万円のベアになります。

ベアっていうか、ベーシックインカムレベルだね。略してベイ。

震えるね。

会社に頼らないで自分でできることはやりましょう。