33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

資産状況 2017年10月第4週

二週連続台風で天気が良くありません。天気が悪いと心置きなく引きこもれるのでいいですね。こんな日はゆっくり読書でもするのが良しです。

f:id:wakaiojisan:20171029092512p:plain

  • 今週:217,307.65USD
  • 先週:219,081.54USD
  • 差異:-1773.89USD (約201,602円)

先週比で約20万円減りました。ドル円は先週とほぼ変化ありませんでした。

為替レート:ドル=113.677円 人民元:17.085円

パフォーマンス比較

  1. Dow:+14.19%
  2. VTI:+10.23%
  3. VOO:+10.23%
  4. PPP:+5.23%
  5. 個別株:+4.26%

順位に変動はありませんでした。VTIとVOOが同じリターンでともに二位となりました。アマゾンとかグーグルなどの配分が多いVOOが値を上げる形となっています。キャタピラーやスリーエムの好決算でダウは相変わらず好調をキープ、個別株は相変わらず不調をキープしています。

今週はインデックスが上がったにも関わらず、総資産が減りました。その理由は、保有する個別株が奮わなかったからです。

もうGEの下落がとどまることを知りません。トゥモローネバーノウズです。フィリップモリスもあまりよくありませんね。

そんな中でアマゾンとかマイクロソフトとかグーグルとかインテルが爆上げしているのを見ると、わたしはくやしくてたまりません。アマゾンなんて1日で13%も上がっていました。ほんとにすごいと思います。

こんな経験をしていると、インデックス投資というのは、精神的に良い投資方法だということが分かります。たとえアマゾンが13%上げてもあまり悔しいという思いがないからです。もっとも13%上げる銘柄があってもVTIは0.81%しか上げていないので、気休めに過ぎません。しかし、気が休まるだけでも十分その価値はあります。

想像してみてください。自分が個別株ポートフォリオを組んでいてその中に爆上げするアマゾンやマイクロソフトやインテルがなかった時の悔しさを。。

長期投資を志すのであれば、投資に刺激を求めてはいけないのだなと思います。そんな刺激的な毎日は、平凡な人間には到底耐えきることができません。

私の精神修行はこれからも続きます。