楽天ブラックカードに二回突撃した結果

私は楽天ブラックカードに憧れて二回突撃している。二回したということは間違いなく一回は失敗したということだ。

一回目はこちらで2017年2月頃だった。

二回目は2017年9月に突撃したがこれは記事にしていない。

なぜなら二回も突撃したことが恥ずかしくて記事にできなかったからだ。

この取り組みを通じて、突撃は成功しないということを密かに知った。

 

もう一生楽天ブラックカードを手に入れることはできないのか。

そんな絶望と悲壮感に包まれていた2018年2月に突如インビテーションが届いた。

青天の霹靂とでもいうのだろうか、何かの間違いではないかと思った。

二回も突撃死しているのに。

だから突撃して失敗するとブラックカードが手に入らないなんてことはない。

厚かましいやつだと認定される恐れは大いにあるが、それが楽天ブラックカードを手に入れる障害にはならないということは分かった。

いや、もしかしたらこの二回の突撃が良かったという見方もある。

「普通突撃一回してだめだと諦めるんだけどな、二回も突撃死しているとはなんて厚かましいやつだ。でもその勇気と不屈の精神は認めよう」

とポジティブに働いた可能性は否定できない。

 

このカードを手に入れる鉄則はひたすら楽天カードで利用金額を積み立てることだ。

だからといって手に入る保証はどこにもないがそれでも明るい未来を信じてお金を使う。まるで先が見えない株式市場にお金を投じていくように。

諦めないことの大切さを改めて学んだ。

エジソン的に言うと突撃は失敗ではない。

うまくいかない方法を二回確かめただけだ。

このブログは米国株を扱うブログだが「楽天ブラックカード 突撃」でこのサイトに訪れる人が圧倒的に多くなっていることを最近知った。

「楽天ブラックカード 突撃」の第一人者になろうと思った。

みなさんの健闘を祈る。