33歳の米国株投資日記

サラリーマン卒業しました

楽天ブラックカードとラグジュアリーカードの年会費について

楽天ブラックカードとラグジュアリーカードを持っていますが、年会費が高いです。改めてその価値があるのか考えてみようと思います。

年会費は下記の通りです。

  • 楽天ブラックカード (年会費 32,400円 初年度無料)
  • LUXURY CARD Titanium Card (年会費 54,000円)

たっか。

家賃を除く固定費で一番高い出費です。本当に保有する価値があるのか見ていきます。

楽天ブラックカード

私がいいなと思うのは以下です。

プライオリティパスが同伴二名まで無料。

コンシェルジュ利用可能。

Taste of Premium利用可能。 

利用限度額が最大1000万円

これで32,400円を高いと思うかどうか。ただし、簡単に手に入るものではないので一度手に入れたら手放したくはなくなります。今のところ手放すつもりはありません。

 

ラグジュアリーカード

  • 東宝シネマが月一回無料で見られる(1800円×12=21,600円)
  • プライオリティパスのデジタル会員証が手に入る
  • コンシェルジュが使える
  • 券面が金属製でラグジュアリー感半端ない

映画が月一回無料で見られるのはいいのですが、担当デスクが休日は営業していないので使い勝手が悪いです。前もって映画に行く予定を入れているときでないと使えません。

プライオリティパスをiPhoneのWalletに入れて利用できるのはメリットです。楽天ブラックカードのプライオリティパスはそれができません。なので、万が一カードを忘れるとラウンジを利用できなくなります。

デジタル会員証をiPhoneの中に入れておけばカードを出す手間が省けるし、カードを忘れるという心配はありません。

コンシェルジュは一回使ってみましたが、私の依頼した内容が難しかったため対応できませんでした。これは何回か使ってみないとその価値が分からないので引き続き利用して確かめていこうと思います。

ラグジュアリーカードの大きな特徴はそのカード自体にあります。金属製で重量感があり、高級感が桁違いです

実際、こないだ一人でビールバーに行ったときにラグジュアリーカードを使ったらレジのお姉さんに驚かれました。

「えぇ、何ですかこのカード!めちゃくちゃ重いしすごい綺麗。始めて見ました!」

私はまさかそんな反応が来るとは思わなかったので「んふふふふ」ととても怪しい感じの反応しかできませんでした。

でもちょっとした優越感に浸ることはできます。

これで54,000円をどう見るか。

 

どう考えても高すぎでしょ。

まぁでもラグジュアリーカードは利用価値というよりも、その美しい見た目にあるのかな。財布には入れておきたい気持ちになります。

このように楽天ブラックカードを持っていたらラグジュアリーカードを持つ必要はないかなというのが正直な感想です。

ただし、ラグジュアリーカードはまだ持って間もないのでこれからもいろいろ検証をしていきたいと思います。