33歳の米国株投資日記

いい天気ですね

個別株の売却を開始

私の保有する個別株ポートフォリオの売却を開始しました。

昨晩夢の中で聞いたお告げ通りに個別株ポートフォリオの売却を開始しました。本記事執筆時点で指値を入れており、着々と売却されていっております。

え、この間米国株が急落した中で売っちゃうの?と思われるかもしれません。

大丈夫です。

元々地を這うような低パフォーマンスを記録していたため、そもそもリターンはほとんどありません。ほぼプラマイゼロ状態なのでタックスフリーです。

詳細は資産状況を昨年の4月くらいから眺めてみてください。切なくなってくるはずです。

VTIは売りません。これはしばらくホールドで様子を見るつもりです。なので、半分、VTIから全部VTIになります。

 

では、売却した資金をどうするのか。

これはまだ決めてませんが、VTIの買い増し、またはGEの買い増し、はたまたTLRYの新規買い付けによる爆益の彼方を目指すことになるかもしれません。

またはキャッシュポジションを厚くし、次の暴落を待ち受けるのもありです。そんな魔法使いのようなことできるわけないけれど。

容易に想像できるのは、以前保有していた銘柄の爆騰です。

そうなったらそうなったでおもしろいのでOKです。

今後環境が変わるということで株式会社牛の経営方針を変更することにしました。

どの銘柄を売って(または買った)のかは今週末の報告をお待ちください。

この1年半くらい個別株を保有していろいろ勉強になりました。

人間の傲慢さ、脆弱さ、そして愚かさを知りました。

保有銘柄たちに改めてお礼申し上げます。