33歳の米国株投資日記

いい天気ですね

余剰資金の投資先案② VTI

先日個別株を売却して余剰資金が1000万円あります。この資金の投資先を検討中です。

 関連記事はこちら

一年半ほど保有していた個別株1000万円分を売却しました。

先日書いた通り一つの投資先はCFDですが、もう一つの有力な投資先は前からも検討していたVTIです。

元々VTI1000株と個別株を半々くらいで運用していたのですが、常にVTI一本の投資スタイルに憧れていました。

VTI一本ってすごい美しい投資法だと思ったのです。

実際にVTI一本の方がはるかにパフォーマンスがよかったです。私の選んだ個別株ポートフォリオが引くほどパフォーマンスが悪かっただけかもしれませんが。

 

もし個別株に投資せずにVTI一本にしておけば、総資産がもう200万円くらいは多かったという時期もありました。(この記事執筆時点ではかなりVTIも下げているので何とも言えませんが)

f:id:wakaiojisan:20181026233003p:plain

結構激しく下げています。追加投資するには絶好のタイミングですね。これからもっと下げそうですが。

先日の夢の中のお告げはこのことを予言していたのかな。

ちなみにVTIのトップ10銘柄は以下の通りです。

これで全体の18.7%を占めます。相変わらず盤石です。

  1. Apple
  2. Micrsoft
  3. Amazon
  4. Alphabet
  5. Berkshire Hathaway
  6. Facebook
  7. JP Morgan
  8. J&J
  9. Exxon
  10. BOA

気になるのは金融とテクノロジーの比率が高く、それぞれ20%くらい占めていることです。なので金融株、テクノロジー株が軟調になると、当然パフォーマンスも悪くなりがちです。

それでも3680銘柄に分散されているので値動きはマイルドです。個別株のように決算の度に10%変動するということはありません。

なので、VTI一本投資は腰を落ち着けて投資するにはなかなか良い投資先だと思っています。有力投資先の一つとして今後も検討を続けます。