楽天ブラックカードへの突撃は意味がない

選ばれた方だけが手にすることができる最上の楽天カード。それが楽天ブラックカードです。

楽天ブラックカードはインビテーション制ですので、自ら申請(突撃)しても手にすることはできません。

楽天ブラックカードは、原則、楽天カードが発行するカードをお持ちの方の中から選ばれたお客様へご案内させていただいております。ご案内をお受け取りのお客様のお申し込みをお待ちしております。

 

「そんなのやってみなければ分からないじゃないか」

「やめときなさい。」

先人の知恵を活用したまえ。

でもこうして二回の突撃を経て楽天ブラックカードを手に入れることができたので結果だけみれば成功です。

僕がインビテーションを貰えた理由は、お金を使いまくったからだと思います。

会社というところで、経費をたくさん使う機会があったのです。

楽天プレミアムカードで年間471万円使いました。

楽天市場もエアウィーヴ買ったくらいしか使ってないし、楽天トラベルもほとんど使っていないので、どちらも決定的な要因にはならないと判断しています。

楽天ブラックカードのメリットは次の4つです。

  • 券面がブラック
  • プライオリティパスが同伴二名可
  • コンシェルジュが使える
  • Taste of Premium (マスターカード)

一番いいのは券面がブラックなところですかね。

パンダとかミッキーついてるのもかわいくていいけど、デートとかで使うのはちょっと恥ずかしくないですか。

そんな機会ないけどさ。

あったらラグジュアリーカードのタイテイニアムカードの出番ですね。

また、彼氏や彼女と海外旅行に行く機会が多い人にもいいかもしれません。

楽天ブラックカードのプライオリティパスを使えば、彼氏が一人、彼女が一人、という複雑なケースにも対応できます。ラウンジ同伴二名まで可能です。

さらにコンシェルジュを使って優越感に浸りたい人や余計な時間をロスしたくない人ににもおすすめです。

電話して、合言葉を伝えて「マルタ島行きのチケット三枚ください」で済みます。

もう合言葉忘れてもうたわ。

最後にTaste of Premiumは人によってはメリットがあります。特に良いと思うのは「招待日和」というサービスで、高級レストランのコースを二名分予約すると一人分が無料になります。

僕は基本一人なんだけど、誰か一緒に来てくれないかな。

 

年会費は32,400円です。初年度は無料でしたが、今後どうなるか分かりません。

ちょっと高いなという気もします。

しかし、僕の楽天ブラックカードに対するパッションがこのブログを陰ながら支えています。楽天ブラックカードを求めてこのブログを訪れてくれる人もいるのです。

そんなあなたを応援したい。少しでもお力になれればいいなと思います。

鉄則は「突撃するなら金使え」です。お役に立てれば幸いです。