33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

SPXL毎日積立投資の雑感

2019年のNISAが解禁になったので、SPXLの積立投資を始めました。

SPXLとはS&P500の3倍の値動きをするETFです。

運用方針は極めてシンプルで毎日SPXLを1〜2株ずつ買い付けるというものです。

年間の営業日を250日くらいとすると、これで上限の120万円を満たすことができます。(さらに暴落して価格が下がらないかぎり)

ポイントは手数料が無料となるNISA口座で行うことです。そうじゃないと毎回とんでもない手数料を支払うことになるからです。

NISAなら買い付け手数料をほぼ無料にすることができます。

さらにNISAで運用すれば、値上がりした場合の非課税メリットが効いてきます。値下がりも3倍だけど、値上がりも3倍ですからね。

現状はこんな感じです。

f:id:wakaiojisan:20190101154216j:image

早速やられてるじゃないかと思ったあなたは慌てん坊です。

平均取得価額が高いのは、購入手数料が含まれているからです。

楽天証券初心者なのでよくわかってませんでしたが、手数料込みで平均取得価額が計算されるんですね。

うわ、めんどくさと思ったのですが、毎日一株なので単純に最低購入手数料5.4ドルを引けばよいことになります。

 

この投資方法のメリットは、SPXLの値動きを毎日積立という安心感で相殺できることです。

昨年から少し投資を始めていますが、目玉が飛び出そうなくらいのボラティリティです。

GEのバプタイズを受けた僕でさえこうですから、投資初心者の方はご自身のリスク許容度を考慮して判断した方がよいと思います。

まずは僕が試しにやってみるので見てみてください。

この投資方法のデメリットは、手動購入がめんどくさいことです。僕のような暇人ではないと続けるのが難しいかもしれません。

しかし、スマホちょろちょろいじればすぐに注文できるので習慣化すればそんなに難しいことではありません。

会社にちゃんと毎日行くことの方がよっぽど難しいです。会社にちゃんと行けるみなさんならもっとうまくできると確信しています。

これで否が応でも毎日SPXLの値動きと対峙することになります。このことが結構勉強になるのではないかと考えています。

継続は力なり。

定期的に状況を報告しますので楽しみにしててください。