34歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

VTI投資状況 2019年1月第2週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20190112110310p:plain

先週

f:id:wakaiojisan:20190105103355p:plain

前週から約4,000ドル上げている。こうなってくると複雑な心境が投資家を襲い始める。

あかん、追加投資できひんかった。。

大丈夫。その株売らなかっただけで誇りに思おう。それだけでも結構難しいことなんだ。

多分、あなたが何をしようと株は下がる時は下がるし、上がる時は上がる。

僕だってVTIが120ドルを下回ったとき、涙でブログの編集画面がぼやけて見えた。でもこれはどうしようもできない。できることは、バランスの取れた食事を取って良く寝ることくらいだ。

まばたきをすれば大粒の涙が頬を伝う。それを乗り越えていくのが株式投資である。

さらに追い打ちをかけるように僕の心を不安定にさせているのはGE株の上昇だ。

いつもフェイク上昇に翻弄され、たまらず昨年売却してしまったが、今はその値を遥かに上回る価格で推移している。

さすがに今回はフェイクではなさそうだがそれは誰にも分からない。

フェイクであってほしい願う器量の小さな僕が時折姿を現しては、僕をがっかりさせる日々だ。

こうして僕は謙虚になり、人にやさしくなり、ポートフォリオがシンプルになる。

余計なことに煩わされずにSPXLを1株ずつ買い増しては悦に入る。

それはまるで凶暴な動物の赤ちゃんを飼っているようだ。ドラゴンとか?

そんな喩えをする境地にまで達した。

もしかしたら、定期預金が満期を迎えたら無意識のうちにGEを買ってしまうかもしれない。でもみんなには言わず、こっそり運用するだろう。

そして、上昇したらどや顔で登場し、下落したら人知れず悶えるのだ。

株式投資は面白い。

なぜなら株式投資を通じて、人間の本質、いや自分自身の資質を覗き見ることができるからだ。

そんな人間たちによって形成される株価なんて、幻みたいなものなのではないかと時折思えてくる。

でもそんな幻の中を生きるのが人間であり、それを面白がって生きていけばよいのだと悟った。