34歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

住信SBIネット銀行で買い付け時の米ドル為替手数料が0銭になっています

住信SBIネット銀行が、買い付け時の米ドルの為替手数料を0銭にするキャンペーンを実施しています。

キャンペーン内容は以下の通りです。

  • 外貨普通預金、外貨定期預金:通常時4銭→0銭
  • 外貨積立:通常時2銭→0銭
  • 2019年7月22日(月)10:00~9月27日(金)17:00約定分まで
  • 住信SBIネット銀行 外貨預金

 

ちょうどSBI証券で米国株の最低手数料が無料になるのと同じタイミングでスタートです。

元々4銭と安かったのですが、マネックス証券が半年間為替手数料を無料としていることに対抗したのかもしれません。安くなるに越したことはないですね。

7月8日より、主要ネット証券で唯一、米ドルの為替手数料(買付時)を半年間0円(無料)としております!

だそうです。

楽天証券は為替手数料無料キャンペーンやらないのだろうか?やってほしいです。

キャンペーン以外の為替手数料は以下の通りです。

  • SBI証券(住信SBIネット銀行を利用):4銭
  • マネックス証券:25銭
  • 楽天証券:25銭

ですから、キャンペーンを考慮しなければSBI証券が一番お得です。

この為替手数料はかなり大きな差となっています。

この半年だけで見れば、マネックスが一番お得で、次にSBI証券となります。

しかし、キャンペーンを考慮しなければ、通常時でも4銭(外貨積立なら2銭)のSBI証券(住信SBIネット銀行経由)が安定感があっていいと思います。

期待したいのは、楽天証券の為替手数料引き下げですね。。

引き続きウォッチしていきたいと思います。