33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

VTI & SPXL 投資状況 2019年7月第4週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20190727100841p:plain

先週はこちら

f:id:wakaiojisan:20190720100450p:plain

  • SPXLの状況
  • 単位:317
  • 金額:17,670USD(192万円) 
  • 損益:+3,291USD(+22.89%)

前週比で約2,800ドル増えました。

SPXLは合計で317単位で保有金額は192万円です。先週より13万円増えました。過去最高記録更新です。

今年から始めたNISAの累積損益は+16万円です。

SPXLが200万円までもうちょっと。この調子でSPXLで老後資金2000万円を作ってやろうと思っています。淡々と積み立てます。

今週の投資関連トピックです。

コカ・コーラが好決算で株価が上がっています。

私も以前保有していたので傍観者ではありません。

手放した個別株のほとんどは暴騰しているので、この話をすると手が震えてきまskjkd。特にシスコーラね。

まぁこれは私が以前予言したことでもありまして、これらの銘柄はPPPだったんです。

半年前の記事です。

ということで今週は久しぶりにダウの犬を振り返ったというわけです。

 

さて、次に気になっているのは、ソフトバンクグループです。

こちらの株も先日購入したので傍観者ではありません。

この記事を書いている前日にこんなニュースが飛び込んできました。

www.nikkei.com

合併が認められればソフトバンクGは米事業の経営権を手放し、リスクを切り離す。4兆円超の負債を抱え、経営に行き詰まりをみせていたスプリントへの出資比率を84%から27%に引き下げ、持ち分法適用会社にする。孫正義会長兼社長は合併会社の取締役に就く。13年に米国通信市場に参入したが、今後は投資先の1つにとどめ投資会社化を加速する。

 詳しくはわかりませんが、なんか良さそうな感じですよね。週明けのソフトバンクグループが上がってくれることを期待します。

はい、ということで全体的にいい感じです。

私の余生は、孫指揮者のもと、ソフトバンクグループの奏でる音楽をゆっくり聴いて優雅に過ごせればいいなと思います。