33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

UTMBでゼッケンの受け取り場所の指定を忘れた時の対処法

すごいディープな趣味の話ですが、だれかの役に立ちそうなのでメモしておきます。モンブランの周りを一周するUTMBというレースに関する注意点です。

UTMBのレースでは、エントリーしてそれで終了ではなく、オフィシャルサイトのマイページから適宜、指示された内容に返答していく必要があります。

具体的には以下の通りです。

  • 診断書の提出
  • 宣誓書
  • シャトルバス(TDSやCCCの場合)
  • ゼッケン(race bib)の受け取り場所
  • 景品のシャツのサイズ
  • レース中の電話番号

気を付けなければならないのは、それぞれの受付、締切時間が異なることです。

また、アナウンスやリマインドをしてくれるケースとそうでない場合があります。

リマインドをしてくれても見逃すリスクがあるので、定期的にマイページをチェックして、タスクが残っていないか確認するとよいでしょう。

もちろん、全部英語なので英語が苦手な人はかなり厳しいですね。

そんな一連のエントリー作業で私はしくじりました。

ゼッケンの受け取り場所の指定を忘れてしまったのです。

どういうことかというと、UTMBは基本的にはフランスのシャモニースタートなんですが、距離やコースが異なるTDS(145㎞)やCCC(101㎞)では、スタート地点がイタリアのクールマイユールという場所です。

地図で見ると、モンブランを挟んで反対側なのでとんでもなく遠い気がしますが、モンブランの下をトンネルが通っているのでほんの30分くらいで着く場所です。

レースはもちろんモンブランの周りをぐるっと一周しますが、スタート地点とゴール地点が違うので、ゼッケンの受け取り場所を指定できます。

レースで使用するゼッケンをシャモニーで受け取るか、クールマイユールで受け取るか選ぶことができるのです。

私はこの指示をスルーしてしまいました。

You are registered in one of the races of UTMB® and the event comes soon ! However, in your runner's file, you have not chosen the place to take your race bib.
You can still do it until 09th August at 18:00. It’s compulsory that you indicate the place you want to take your race-bib before the deadline in order to participate to the race.

 

リマインドしてくれたのに華麗にスルーしました。

これやらないとレース出れないよ、と言われてるのに、スルーしました。

レース出られないのは困りまする。

さすがに慌てて本部に連絡を取りました。

本部はフランスなので、フランス語が必要です。

幸いなことに僕はフランス語を学んでいたので問題ありませんでした。

 ってそんなわけないでしょう。

仏検4級じゃなにもできないし、もう全部忘れましたよ。

ヴァラ!!っていうのだけ覚えてる。

普通にメールでかくかくしかじかでお願いします、と平身低頭でやりました。

すると、二時間後くらいに返信があって、オーケー、すべて手配しておこう、という運びになったのです。素晴らしい反応です。

ですので、UTMBのエントリーで何か手落ちがあったら、大会本部に英語でメールを送れば、すぐに対応してくれます。

動きが遅かったら、僕のブロークンフレンチが火を噴くところでしたが、残念ながらその出番はありませんでした。

UTMBのエントリーで戸惑っている方の参考になれば幸いです。

ちなみにこのレースは私にとって一年で最大のイベントです。

昨年はあまり発信しませんでしたが、以下の作品くらいですかね。

今年はロストバゲージしないように努めます。

行きでロストしたら完全に詰みますからね、カジュアルな格好でモンブランは流石にやばい。

まぁその時はまたブログで配信しますよ。

ちょっと、私のロストバゲージ期待してません?

やめてよ、期待しないでね。

やらないからね。

日々の訓練はこの日のためにあると言っても過言ではありません。

米国株を売って得た利益でモンブランの麓に出向き、瞑想し、悟りを開く。

これが追い求めていた理想的な生き方です。

UTMB (RUN + TRAIL 別冊)

UTMB (RUN + TRAIL 別冊)