三十五歳の日記

生活を最適化しよう

米国株投資状況 2021年3月第1週

今週の状況です。

今週 

f:id:wakaiojisan:20210306101353p:plain

先週

f:id:wakaiojisan:20210227110806p:plain

SPXLの保有状況

  • 価格:76.58USD
  • 単位:399
  • 金額:30,555USD(331万円) 
  • 損益:+12,264USD(+133万円 / +67.05%)

TECLの保有状況

  • 価格:38.27USD
  • 単位:410
  • 金額:15,691USD(170万円) 
  • 損益:+5,441USD(+59万円 / +53.08%)

SOXLの保有状況

  • 価格:32.75USD
  • 単位:360
  • 金額:11,790USD(128万円) 
  • 損益:+990USD(+11万円 / +9.17%)

先週比損益

  • VTI:  +670ドル(7万円)
  • SPXL:+626ドル(7万円)
  • TECL:-807ドル(9万円)
  • SOXL:-2,146ドル(23万円)
  • 合計: -1,657ドル(18万円)

今週はTECLとSOXLが分割されたので、上記の通りの保有数となりました。

分割された日の証券会社の保有資産が4000万円位増えていて面白かったです。

単純にTECLは10倍、SOXLは15倍で資産が計算されていたからです。

もちろんこれは一時的なものだったのですぐに解消され、私の資産はすぐに元通り、いや元より少なくなってしまいました。

調子に乗っていたSOXLは金曜日の時点で含み損を抱えていました。購入してからずっと上昇を続けていましたが、その含み益を解消するのは一瞬です。

しかし、株式分割で株価が15分の1になっていたので、自分が買った株価がピンときません。

株式分割は買値が分からなくなって損をしているのかもわからなくなるメリットがあると思いました。

さて、今週は市場の動きが少し荒かったように思います。今まで上げていたものが急に下げはじめ、潮流が少し変わったような印象を受けました。

5日の米国株式市場ではハイテク株が乱高下をみせた。電気自動車(EV)大手テスラなど主力銘柄への売りでナスダック総合株価指数は午前に直近高値からの下落率が10%を超え、一時「調整局面」の水準に入った。ところが売り一巡後に急速に下げ幅を縮め、プラス圏で終えた。米長期金利の動向をにらみながら、しばらく不安定な値動きが続きそうだ。

米ハイテク株が乱高下、ナスダックは調整局面入り迫る: 日本経済新聞

そんな時でもVTI一本に投じておけば安心です。

テスラが下げてる?

我がポートフォリオに占める割合はたったの1.6%だ。

これが個別で行っちゃうと、ちょっと落ち着かなくなってしまう。

よくわかります。

やはりメインはVTIでスパイスにレバレッジ。

これがいい感じのポートフォリオだなと改めて思っています。

Have a nice day!