三十七歳の日記

Diary of My Thirty-seventh Year

会社員ではない働き方を求めて

日本でもFIREがかなり流行っていますが、会社を辞めればいいというわけではありません。会社が理想的な環境の人もいればそうではない人もいます。私がFIREしたいと思ったのは、働き方の自由度を上げたかったからです。

戦略的フリーターになることを目指しました。

私はこう見えてサラリーマンを10年以上やったことがありますが、かなり難しかったです。

まず毎日早起きするのが難しいし、会社に行き続けるのも難しい。

出社したら、よく分からないことをよくわからないやり方でやって、よく分からない人からよく分からないことで怒られる。

というのを繰り返していました。

これは私の能力が低かったせいであり、みなさんは生産的なお仕事をされているとは思いますが、似たような思いをしている方はいらっしゃると思います。

一日の大半がこのよくわからないことに取られてしまっている。

果たしてこれは合っているのだろうか?

まずこの問いかけが大切な第一歩です。

この会社ではお金がたくさんもらえるし、社会的なステータスも高い、仕事は辛いけど日々学ぶことはある。ここでしかできないことだってある。

となれば、多少辛くてもその仕事を続ける意義はあります。

しかし、お金はそんなもらえなくてもいいし、社会的なステータスとか関係ない。他部署の田中課長の機嫌の取り方なんてどうでもいいし、人生のほぼ大半がご機嫌取りにとられてしまうのはもったいない。

というように思えてきたら、やはり別の働き方を模索した方が良いのかもしれません。

多くの人は、リタイアと聞くと全く仕事をせずに残された資産でやりくりしていくということを想像するかもしれませんが、私の求めていた理想は違います。

私が求めたのは、働く時間を減らすことにより生み出された時間を自分の好きなことに使えるようにしたい。というものです。

もちろん働きたくなければ働かなければいいし、何かやってみたいことがあればそれをやってみればいい。

ただし、それを自分の裁量で行うことができる。

というのが私にとって一番大事です。

なぜかよく分かりませんが、私は自分の時間が固定されてしまうのが耐えられないDNAを保有しているようです。

例えば、毎日朝9時~18時まで、月~金、あと30年続けなさい。

と言われると、世界が白黒になり、この世の終わりのような気持ちになります。

今週はこの日とこの日だけ仕事、今月はたくさん働いて、来月はゆっくりしよう。

そういう働き方が理想です。

もちろんこんな働き方ではたくさんのお金は稼げないかもしれません。

それでもいいのです。

というかそれでも生きていける体制を築き上げようと努力してきたわけですから。

理想は、アルバイトみたいなシフトで入りながら、めちゃくちゃ時給は高い。

みたいな状態かもしれませんが、簡単ではありません。

理想ではあるけど、そうでなくても構わない。

定期的にリセットができる仕事。

そういう仕事が私の性に合っているかもしれないと思いました。

みなさんはどんな働き方が理想ですか?

普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門

普通の会社員でもできる 日本版FIRE超入門

  • 作者:山崎俊輔
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon