米国株投資状況 2023年7月第5週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20230729074619j:image

VTIの保有状況

  • 価格:227.66USD
  • 単位:1,116
  • 金額:254,069USD(3,586万円) 
  • 損益:+122,299USD(+1,726万円 / +93%)

SPXLの保有状況

  • 価格:97.48USD
  • 単位:326(226がNISA)
  • 金額:31,788USD(449万円) 
  • 損益:+16,809USD(+237万円 / +112%)

TECLの保有状況

  • 価格:57.10USD
  • 単位:410(全部NISA)
  • 金額:23,411USD(330万円) 
  • 損益:+13,161USD(+186万円 / +128%)

SOXLの保有状況

  • 価格:28.15USD
  • 単位:1450(全部NISA)
  • 金額:40,818USD(528万円) 
  • 損益:+10,948USD(+155万円 / +37%)

レバレッジNISA合計

  • 金額:86,259USD(1,218万円)
  • 損益:+35,630USD(503万円)
  • ※NISA買付金額:579万円(+638万円)

合計

  • 金額:350,076USD(4,941万円)
  • 損益:+163,216USD(2,303万円)

先週比損益

  • VTI:  +2,389ドル(34万円)
  • SPXL:+893ドル(13万円)
  • TECL:+635ドル(9万円)
  • SOXL:+4,684ドル(66万円)
  • 合計: +8,601ドル(121万円)
  • 1ドル=141.15円

年初からの比較(日本株+楽天VTI含む総株資産)

  • 3,705万円→5,402万円
  • (+1,697万円 / +45.8%)

28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反発し、前日比176ドル57セント(0.5%)高の3万5459ドル29セントで終えた。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反発した。前日比266.551ポイント(1.9%)高の1万4316.658で終えた。

多くの機関投資家が運用指標にするS&P500種株価指数は前日比44.82ポイント(1.0%)高の4582.23と22年4月以来の高値で終えた。

前日に日銀が金融政策決定会合で、長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)の運用を見直しましたが、直後に円安からの円高を経て、再び円安という流れでそこまで円高になりませんでした。

米国株も全体的に好調で、資産も自己ベストを更新しています。特に半導体株の調子が良いです。年初からのリターンは約1,700万円となり、半年ちょっとで資産ってこんなに増えるんだね、と少し驚いております。

米国株に投資されている皆様は大変おめでとうございました。

ところで、Kindle本が50%還元セールをやっており、いくつか良いご本もあったので紹介させていただきます。

新しいランダムウォーカーが対象になってました。もちろん以前に旧バージョンは読みましたが、気を引き締めるために最新版を購入し、再読しようと思います。皆様もどうぞ。

他にもおすすめ本紹介します。外は暑いので涼しい屋内で読書を楽しみましょう。