31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

資産状況 〜2016年11月第4週〜

トランポノミクスで円安株高が続いていましたが、私のポートフォリオはどうなっているのでしょうか。

f:id:wakaiojisan:20161129121206p:plain

先週はこちら

f:id:wakaiojisan:20161122114850j:plain

2500ドル位上昇しています。低迷していた生活必需品セクターのVDCも少しずつ戻しつつあるようです。今回の資産額は過去最高値を更新したのではないかと思われます。さらに円安が進み、一時113円後半まで進行しました。本記事執筆時点では、112円位で落ち着いていますが、1ヶ月前と比べれば10円ほど円安になっています。

11月頭と比較すると、私のポートフォリオは約9000ドル上昇し、円安によりその他外貨資産合わせ、日本円ベースで200万円位資産が増えたことになります。このことは逆に200万円位(またはそれ以上)資産が目減りするリスクもあることを意味します。

あまりにも短期で動きすぎたのでまた調整することになると思いますが、誰がこうなることを予想できたでしょう。やはり素人の私には未来を予想するのは困難だということを改めて痛感させられました。

このような時に自分の気持ちがどうなっているのかをよく観察しておく必要があります。200万円増えて浮足だっていないか、気持ちが大きくなっていないか、売ってしまいたい欲求に駆られていないか。などなど。自分のリスク許容度というのは自分が実際に直面して見ないとわからないというのが持論です。

もちろん、このくらいの損失には耐えられるというだろうと事前に推測することはできます。しかしながら、実際に直面すると思ったよりも動揺してしまい、思わぬ行動を取ってしまうケースがよくあります。長期投資というのは思っている以上に我慢強さが必要とされます。鈍感力みたいなものです。これは実際に投資をして見ないとわからないことなので、可能であるならばできる限り早く投資を始め、自分の許容度を見極める練習をしていった方が良いと思います。