32歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

5日連続のトライフェクタ ダウは2万0611ドル86セントに

米国株がどんどん上昇しています。

15日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5日続伸し、前日比107ドル45セント高の2万0611ドル86セント(速報値)で終えた。5日連続で過去最高値を更新した。朝方発表の1月の米小売売上高や米消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回り、米景気に対する楽観が広がった。

ダウ、ナスダック、S&P500が揃って過去最高値を更新することをトライフェクタと言うそうです。つまり、5日連続トライフェクタということです。このトライフェクタという言葉気に入りました。

米国株が上昇=私のポートフォリオ上昇です。長期投資家はこのようなときに一喜一憂してはいけないことになっていますが、私は普通に株が上がれば喜び、下がれば悲しみます。別に一喜一憂したっていいじゃないか。

VTIは121.24USDと過去最高値を更新し、生活必需品のVDCも139.59USDとだいぶ上がってきました。エネルギーセクターのVDEはあまり芳しくありません。こういう時に買い増しとかをしておくといいんでしょうね。

正直こんなにハイペースで上がっていくとは思いませんでした。もうそろそろだめかな、と思ってもまだ上がる。いったいどこまであがるのでしょうか。今日あたりそろそろ調整するのでしょうか。でもまた上がったりするんだろうな。

私にはよくわかりませんので、とりあえず投資を継続していくしかありません。希望としてはこのままどんどん上がっていってもらいたいと思います。