33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

なつぞら名言集

NHKの新しい連続テレビ小説「なつぞら」を見ていますが、仲間たちがたくさん出ていることもあり、久々にはまっています。

始まったばかりなので、まだ間に合いますよ。

1週間分が5分で見れるダイジェストです。

どこまでも続く草原の丘で、北海道・十勝の風景を描く奥原なつ(広瀬すず)。昭和21年初夏、なつ(粟野咲莉)は9歳の時、亡き父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られて十勝にやってきた。妻・富士子(松嶋菜々子)は我が子としてなつを受け入れようする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹(草刈正雄)は働き手にもならないとなつに冷たくあたる。しかし、子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていく。

第一週の名言は第4回の以下のシーンです。

普段は厳しい柴田泰樹(草刈正雄)がなつとアイスクリームを食べるシーンです。

俺たちは何でも我慢せずに言い合う。

そうじゃなければ開拓の辛さも冬には零下30度を越す寒さにも耐えきれんかった。

言い合える相手がいるだけで人は恵まれとる。

はよ、食べ。

はい。

うまいか?

はい、美味しいです。甘い。すごく美味しいです。

うちのものには内緒だぞ。ふっふっふっ

それはお前が絞った牛乳から生まれたものだ。よく味わえ。

はい。

ちゃんと働けば必ずいつか報われる日が来る。

報われなければ、働き方が悪いか、働かせるものが悪いんだ。

そんなとこはとっとと逃げだしゃいいんだ。

だが一番悪いのは、人がなんとかしてくれると思って生きることじゃ。人は人をあてにするものを助けたりはせん。

逆に自分の力を信じて働いていれば、きっと誰かが助けてくれるものだ。

お前はこの数日ほんとによく働いた。

そのアイスクリームはお前の力で得たものだ。

お前なら大丈夫だ。

だからもう無理に笑うことはない。謝ることもない。お前は堂々としてろ。

堂々とここで生きろ。

はよ、食べ。

 

東京の兄に会いたいと、家出したなつを富士子や剛男は、懸命に探す。一方、帯広にたどり着いたなつは警察に保護されたが、そこからも逃げだし、行き場を失っていた。ようやくなつを見つけた柴田家のみんなは、なつを抱きしめ、ずっとそばにいると誓う。柴田家の子として再び暮らし始めたなつは、泰樹の夢であるバターづくりを教えられる。そしてさらに将来につながる、大きな「夢」と出会うことになる。

第二週目の名言は、柴田泰樹(草刈正雄)が家出をしたなつについて語るシーンです。

怒りなんてものはとっくに通り越してるよ

怒る前にあの子は諦めとる。

諦めるしかなかったんだ。

それしか生きる術がなかったんじゃ。

あの年で。

怒れるものはまだ幸せだ。

自分の幸せを守るために人は怒る。

今のあの子にはそれもない。

争いごとを嫌ってあの子は怒ることができなくなった。

まぁドラマ見てないとこの感動はわからないでしょうね。泰樹の名言がやばいです。涙が出てきます。

NHKオンデマンドで期間限定で無料配信しているものもあるようです。興味がある方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。以下は普通のリンクです。