読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

31歳サラリーマン米国株投資日記

35歳セミリタイアを目指してみる

みなさん会社に人生賭けすぎです

このブログを読んでいる方の中には会社員の方もたくさんいらっしゃると思います。みなさんは会社に人生を賭けすぎていませんか?

世間はゴールデンウイーク真っ只中でお休みの人はいろんなところで出かけているのかもしれません。

きっとだれもが思うと思います。

「仕事いきたくないなあ」「GWが続けばいいのに、、」と。

それだったら単純な話で、じゃあ仕事辞めればいいじゃん、ということなのですが、これがなかなかできません。休暇を楽しみながらも心のどこかに会社のことがひっかかっている。会社のことをすべて忘れて楽しむことができないという方がたくさんいらっしゃると思います。

なぜこんなことが起こるのでしょうか?それは会社に人生を賭けすぎているからです。何事もそうですが、一つのことに多くをかけてはいけません。

もちろん会社に収入の多くを頼っているし、自分の時間の大半を捧げているのも事実です。だから、会社に人生を賭けていることになっている人は多いと思います。しかし、会社に人生賭けすぎて、心まで会社に奪われてしまってはいけません。

このGWの最中なのに業務メールを送ってくる愚か者がいます。本当に心からかわいそうだと思います。あなたは休みの時間すら会社のことに使うのか?何があなたをそうさせるのか?それをすることであなたにどんなメリットがあるのか?それは楽しいのか?

GW中も会社のことでもやもやを抱えている人は一歩引いて物事を考えましょう。ふわふわと自分から抜け出て空から自分を眺めてみましょう。

あなたはなんのために会社で働いているのですか?お金のためですか?なんなんですか?

もしお金のためなら、あなたが仕事でうまく行っても、行かなかったとしても給料に大きな差は生まれません。万が一、下がったとしてもそれはそれで今後のプレッシャーが減るのですから喜ばしいことです。出世がかかってるって?出世したら給料はちょっと上がるかもしれませんが、それ以上の負担とプレッシャーとリスクが待ち構えています。

何度も言っていますが、お金のために働いているなら、会社で収入を増やそうとするのは効率的ではありません。サラリーマンの鉄則として、ある程度飽和状態になったら、それを維持する位にやるのが合理的です。それ以上入れ込みすぎると、いろんなところでひずみが生じて問題が起こります。会社が嫌なら私と同じように別に道を歩みましょう。

じゃあ何をすればいいのか?

自分の好きなことをすればいいのです。自分の世界を作ってください。GW中で時間がある人も多いでしょうから、自分の好きなことにたっぷり時間を使えばいいのです。

昆虫が好きなら昆虫採集をする。海外旅行が好きなら海外に行く。ドラマが好きならドラマを見まくる。漫画が好きなら徹底的に漫画を読む、または書いてみる。走るのが好きならとことん走りこむ。ドライブが好きならドライブをする。お酒が好きなら飲みまくる。文章を書くのが好きなら書きまくる。自分の好きなことをやる!以上。

自分の好きなことを極めましょう。

そこで感じたことを慈しむのです。そしてそれを継続していくと、自分の世界がどんどん広がっていきます。これはだれにも侵すことのできない自分だけの世界です。あとは自分の時間を使ってさらに世界を広げ、その世界で生きていけばいいのです。これが最高の時間の使い方なのです。

人は田舎や海岸や山に引きこもる場所を求める。君もまたそうした所に熱烈にあこがれる習癖がある。しかし、これは皆極めて凡俗な考え方だ。というのも君はいつでも好きな時に自分自身の内に引きこもることができるのである。実際にいかなる所といえども、自分自身の魂の中にまさる平和な閑寂な隠れ家を見出すことはできないだろう。

引用元:自省録 (岩波文庫)

サラリーマンの多くは自分の世界を持っていない人が多いと感じます。それゆえ会社に依存しすぎてしまう。会社のいうことをきいてしまう。そして、会社に人生を賭けてしまう。その行く末は滅亡です。自分で勝手に滅亡するのはいいけど、それを他人に押し付けてはいけません。自由な時間ができたら何をしてよいかわからない。そんな人生はつまらなさすぎます。

いつ終わるかもしれない有限な時間を無駄遣いしてはいけません。明日終わるかもしれないこの人生を有意義にするために、一分一秒を大切に、自分の使いたいように生きることが大切だと思います。会社以外の部分に人生を賭けるのです。

会社のことで心を煩わせるのは今日で終わりにしましょう。