33歳の米国株投資日記

いい天気ですね

32歳サラリーマンのポートフォリオ(Top20銘柄)

32歳サラリーマンのポートフォリオを公開します。

前回はこちら

個別株については変更はありませんが、順位には変化がありました。これまで好調だったHSBCが順位を下げ、代わりにシスコがトップになっています。

ポートフォリオトップ20銘柄

  1. Cisco  14702USD  6.37%
  2. Royal Dutch Shell  12772USD  5.54%
  3. HSBC  12624USD  5.47%
  4. General Electric  11956USD  5.18%
  5. Phizer  11943USD  5.18%
  6. Verizon  11943USD  5.18%
  7. Philip Morris  11636USD  5.04%
  8. Coca-cola  11033USD  4.78%
  9. Apple  4100USD  1.78%
  10. Microsoft  3760USD  1.63%
  11. Google  3232USD  1.40%
  12. Amazon  3187USD  1.38%
  13. Facebook  2048USD  0.89%
  14. JPM  2042USD  0.88%
  15. Berkshire Hathaway  2016USD  0.87%
  16. Johonson & Johnson  1840USD  0.80%
  17. Exxon Mobil 1691USD  0.73%
  18. BOA  1561USD  0.68%
  19. Intel  1301USD  0.56%
  20. WFC  1297USD  0.56%

上位8位までは当然個別銘柄で占めますが、9位以降はVTIの構成銘柄からなります。個別株ではFANGなどITグロース株を保有していませんが、VTIの上位銘柄であるアップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、フェイスブックでまとまった金額になっていることが分かります。

ですので、全体的に見ればうまい具合にバランスは取れているではないかと思っています。

 

今後の投資方針ですが、今のところはこのポートフォリオを堅持し、余剰資金は個別株の投資金額最下位銘柄に投入していく戦略を取ります。今だとコカ・コーラやフィリップモリスが候補ですね。

しかし、しばらくは海外口座への積み立ては難しいかもしれません。今年はNISA楽天VYM積み立て+持株会のフル拠出+確定拠出などで日本国内口座での積み立てがメインになっているからです。

まぁこれだけ毎月積み立てられれば十分でしょう。

少額積み立て投資ならノーロードインデックスファンドの積み立て投資がコスト面で有利です。

あとは持株会が売買最低単位に到達したらその都度換金&リレー投資を行うつもりです。 

これからも余剰資金でどんどん株を買っていきます。さらなるエキサイティング日々が待ち受けていることでしょう。