33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

Huawei MediaPad M5でエンターテイメントをもっと楽しく

先日衝動買いしたHuawei MediaPad M5が気に入っています。一言で言えばでかいスマホです。

オフィシャルサイトはこちら

楽天でセールやってるみたいなのでお得かもしれません。


 

LTEモデル(SIMフリー)を40,000円くらいで購入したと思います。Wi-Fiモデルなら5~6,000円は安く購入できます。

私がLTEモデルを購入したのは海外で利用する機会が多く、海外のSIMを挿せるタブレットがあると便利だと思ったからです。

特にSIMの利用機会がなければWi-Fiモデルでもいいでしょう。スマートカバーはデフォルトで付いてました。

Huaweiって大丈夫なの?と言う人もいるかもしれませんが、おそらくスマホやタブレットの品質に関しては最高レベルに到達していると考えています。

私は中国にいる時からHuawei推しです。会社員時代にHuaweiを担当したこともあり、その品質レベルの高さを知っているからです。

休みだろうが深夜だろうがお構いなしに何度も本社に呼ばれたものです。(だから担当したくないし、Huaweiの人も大変そうだったし、サラリーマンはあかんなということも教えてくれた)

でも働いている人はとてつもなく優秀だし、品質へのこだわりが尋常ではないことを経験的に知っています。

 

私がM5を愛用するのは、以下のように何かを閲覧するときです。

  • Amazonプライムで動画を見る
  • Kindleアプリで読書(ムック本や雑誌が特に快適)
  • PDF資料を閲覧(電子化した本、英検や中検の過去問)

今更ですけど、海外ドラマのSUITSにハマっています。高解像度ディスプレイなので画質がとてもきれいだし、デュアルスピーカーで臨場感あるサウンドが楽しめます。横置きしてもどちらからも音出るタイプね。

また、雑誌やムック本などカラーである程度の画面の大きさが求められる書籍を読むときも威力を発揮します。

雑誌は大きくて場所を取るので持ち運ぶのに不便ですが、それをタブレットサイズで何冊も持ち運べるのは大きなメリットです。スマホでも閲覧はできますが、画面が小さくいちいちズームをするのは不便です。

私はKindle Unlimitedで趣味のランニング雑誌とかエンタメ雑誌「東京カレンダー2019年4月号」などを読んでいます。東カレは読み物としては結構面白いです。どこまでが本物でどこまでが嘘なのかよく分からないところが好きです。

読み放題のサービスを利用することで、興味のある雑誌を手当たり次第読めるのがいいですね。まさにそれを活用するにはM5はぴったりです。

PDF資料を読む機会が多い人にもおすすめです。私が気に入っているのは、電子化した本(自炊)の読書です。数百冊もの本をSDカードに詰めて、M5に装填しています。旅をするときもM5と共にお気に入りの本を持ち歩くことができます。

その他にも英検の過去問などPDFデータで公開されている資料を参照するのも便利です。音声もダウンロードすれば、これだけで試験対策ができます。持っている人は分かると思いますが、8.4インチというのが絶妙なサイズ感で使いやすいです。(写真とって見せようとしましたが、見た目ただのスマホなので止めました)

このようにM5はエンターテイメントをもっと楽しくするのに最適なデバイスです。この機能を備えて約40,000円(LTEモデル)、約34,000円(Wi-Fiモデル)は破格だと思います。

大きすぎず、小さすぎないコスパの良いタブレットをお探しの方は選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。