33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

VTI & SPXL 投資状況 2019年5月第5週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20190601085614p:plain

先週

f:id:wakaiojisan:20190525104409p:plain

SPXLの状況

  • 2018 NISA 73単位 損益  -218USD  (-6.55%)
  • 2019 NISA 105単位 損益  -145USD (-3.14%)
  • 2019 HSBC  100単位  損益  -209USD (-4.67%)
  • 合計 278単位  金額 11,821USD  損益 -571USD (-4.61%)

前週比で4,000ドル減です。その前と合わせると7,000ドル減。悲しくないと言ったらうそになります。

SPXLは4単位買いました。月曜が休場だったので合ってます。こちらも全部マイナスになっちゃいました。総保有額は約130万円ほどなので攻撃力は、カミツキガメの子供くらいです。

価格が下がってきたので追加投資したくなるのですが、大体このタイミングでやるとしくじることを知っています。だから何もしません。じわじわ行きます。

最近の悩みは、株式の比率ももっと上げようか、このままでいこうかということです。

僕だけでなくみなさんもそうかもしれませんが、余剰資金があると何かに投資したくなっちゃうんですね。現金じゃない何かに。本末転倒じゃねぇかって本当にそれですよ。

で、実際に下落すると焦り始めるというね。

これが株式投資のルーティンワークみたいなものです。

もし株式比率を上げるなら、やはりVTIを使う。

米ドル定期預金みたいなイメージで使う。そんなことはできないけど、値動きはあまり気にせず、年間2%程の利回りがある定期預金のイメージ。

今のドルの一か月の定期預金と変わらないんだよ的イメージを脳内に刷り込んでいく。

万が一のことがあったら問答無用で引き出す。

車が買いたい、彼女に指輪をプレゼントしたいとなったらすぐに現金化。一週間もあれば十分です。

VTIは安全資産です、という自己洗脳。流動性も抜群です、という自己洗脳。

結局、投資は自分の感情に大きく左右されます。感情をコントロールする自分なりのシステムを構築することが大事です。

長期投資の成功の秘訣は、同じ信念を長期間保持し、継続的に実行できるかです。

これ、超絶難しいです。投資の課題は、何よりも自分の感情のコントロールですね。