33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

VTI & SPXL 投資状況 2019年5月第1週

今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20190504210749p:plain

先週

f:id:wakaiojisan:20190428173315p:plain

前週比で約500ドルほどの上昇です。

SPXLの状況

  • 2018 NISA 73単位 損益  +493USD  (+14.84%)
  • 2019 NISA 86単位 損益  +774USD (+20.79%)
  • 2019 HSBC  100単位  損益  +765USD (+17.14%)
  • 合計 259単位  金額 13,533USD  損益 +2,031USD (+17.66%)

今週もちゃんと5単位の買い付けができました。順調に単位数が増えています。株価の上昇はコントロールできませんが、単位数を増やすことは自分でコントロールできます。この調子で淡々とじわじわ増やしていきたいと思います。

さて、みなさんはゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

私は基本的に引きこもってますが、今日は朝から高尾にハイキングに行ってきました。ゴールデンウイークに高尾山なんて人が多すぎでしょう?と思われるかもしれません。

まさにその通りです。

しかし、いくら混んでるところでも人が少ない時間帯やコースはあるものです。

例えば高尾山だと、北高尾とか南高尾のコースを行くとハイカーの数はぐんと減ります。また早朝に出かければさらに人は減ります。

しかし、このコースの難易度は比較的高いため、それなりの経験と体力が求められます。また、地図を見てどのようなコースがあるのかを前もって調べておく必要もあります。

こうすることで人が多いゴールデンウィークでもストレスなくハイキングを楽しむことができるのです。

サラリーマンを辞めて気づいたことは、多数派と同じ行動をとらないことの重要性です。

やはり人が多いところは、時間の無駄、お金の無駄になることも多く、ストレスもたくさんあります。しかし、多数派と同じ行動をとらないというのは簡単なことではありません。

そもそも勇気が必要ですし、知識や体力、経験も必要です。自分で考えて、自分の意志で行動する力が求められるのです。

「人の行く裏に道あり花の山」

ハイキングも投資も日常生活の細かいこともそうですが、この格言は当てはまると思いました。

人の行く裏に必ずしも道や花の山があるとは限りません。

しかし、行ってみないとそれはわかりません。その一歩を踏み出す勇気を持ち続けたいものです。