34歳の米国株投資日記

Not Financially Independent, Retire Early

新型コロナウィルスに感染したレバレッジNISA

私は2019年からNISA口座でレバレッジETFを運用していますが、今回のコロナショックで大変なことになってしまいました。

やっぱNISAはレバレッジだよね、と調子に乗っていた時の記事です。

Before COVID-19

f:id:wakaiojisan:20200301220329j:plain

After COVID-19

f:id:wakaiojisan:20200301220319j:plain

  • ※1:2019年→SPXLの毎日積立
  • ※2:2020年→TECLの一括投資

ちょっと前のほぼ最高値の時と比較すると、123万円も減ってしまいました。

英検1級に換算すると、約120回分に相当します。40年分ですね。

衝撃です。

僕が74歳になるまでの英検1級の受験料が二週間ほどで吹き飛んでしまいました。

これは貴重なデータです。

こういうことがあるので、レバレッジETFに投機する方は気を付けた方がいいでしょう。強靭なメンタルが求められます。

 

ここで追加投資だ、なんて言ってる人もいて、それに便乗したいのですが、僕はレバレッジETFはNISAだけで運用すると決めています。

だから、追加投資するためには、あと10ヶ月待たなければなりません。

というか、そもそもそんなお金がない。

みんなどこからそんなお金が湧いてくるんだ、うらやましいよ。

しかし、投資では少しゆったり構えた方がよいこともあります。

やはり恋愛でもそうですが(知らんけど)、日々があまり刺激的では長続きしません。

ドキドキ=好き💕みたいな勘違いをカップルはよくすると本で読んだことがありますが、そんな毎日を過ごすのはちょっと大変です。

それよりもゆったりと気兼ねなく、一緒にいて、心地いい関係を維持した方が長続きするのではないでしょうか。

これは長期投資にも当てはまります。

そんな毎日ドキドキしてたら、数十年も持たないですよ。

君と会ってもときめかないから売却するね、なんてことになりかねません。

楽しい時も辛い時もつまらない時も、いつだって僕は君の側にいる、的なスタンスを保持する。

これがミリオネアマインドです。

ということで来週からは、株が上がってしまうかもしれないので、今のうちにその惨状を記しておこうと思い筆を執りました。

来週は上がりますように。