34歳の米国株投資日記

Not Financially Independent, But Retire Early

楽天カードで投信積立を始めました

今回の株価下落はしばらく続きそうなので、楽天カードで投信積立を開始しました。

これから投資を始めようと思っている方の参考になれば幸いです。

簡単に言うと、楽天カードで毎月最大50,000円分の投資信託を自動で積立投資することができます。メリットはポイントがつくことです。

あれ、牛さん、それ前からやってたんじゃなかったの?という方がいるかもしれません。

はい、一瞬だけやっていました。

2019年のNISAから60万円分(5万円×12か月)を充当しようと思っていたのです。

しかしやめました。

なぜなら、NISAでSPXLを毎日買うプランに急遽変更したからです。

そのおかげで、一生に一度味わえるかどうか分からない素晴らしい体験をすることができました。神に感謝。

楽天カードで投資信託を積み立てていれば、、今手元にもっとお金があったことでしょう、、

 

まぁょぃ。

ということで、心機一転、コロナによる株安がしばらく続きそうな感じがするので、再び長期的に投資信託の積立をしようと決心いたしました。

私が今新規で投資しているのは以下の通りです。

  • NISAでレバレッジETFの博打(年一回)
  • iDeCoで毎月68,000円の積立(毎月)
  • VTIの分配金の再投資(三か月に一回)
  • 楽天カードの積立投資(新たにスタート)

機動的にやろうとすると僕は失敗するので、継続性のある方法で今回は進めていきます。

投資先は安心安全の楽天VTIです。

投資を始めようと思っているけど、何をどうしたらいいの?

という方は、以下の一択です。

私と同じようにしてください。

  • 楽天カードで楽天VTIを毎月買う。(最大5万円)

もちろん楽天VTIじゃなくてもいいです。

先進国の株式に幅広く投資ができてコストが安いものなら何でもいいです。

また、5万円も無理というなら、もっと少なくてもいいです。

それで徐々に始めていくのがいいと思います。とにかく続けることですね。

続ける才能が君にはあるか。

10年とか20年とかやらないと効果が出ない(マイナスになることもある)ので、それが一番難しいところでしょうか。

多くの人は3日位でだめになってしまいますからね。

それでもこれをやるのとやらないのとでは、将来の資産額にかなりの差が出てきます。

だからまずは少額でも始めて見るべきかと存じます。

もちろん、そのお金がないと詰む、、というようなぎりぎりの戦いはいけません。

あくまで毎月の貯金を投資に回すイメージです。

それがなくても生活は持続できるレベルを維持しましょう。

これができれば私もあなたも億万長者。

ともに頑張りましょう。

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

なぜ投資のプロはサルに負けるのか?

  • 作者:藤沢 数希
  • 発売日: 2013/03/04
  • メディア: Kindle版