楽天ブラックカードを解約しない理由

私は楽天ブラックカードを愛用しています。

インビテーション式なので、選ばれしものしかこのカードを利用することはできません。

インビテーションが届く前に二回突撃してもだめでした。

どうしたらインビテーションが届くのか。

  • 年間472万円使った。
  • 楽天市場はほぼ使ってなかった。
  • 楽天トラベルもほぼ使っていなかった。
  • でもダイアモンド会員だった。
  • 楽天モバイル使ってた。
  • 楽天銀行・楽天証券も当時未開設。
  • 楽天プレミアムカードを持っていた。
  • 半年に一回勝手に増枠されて限度額300万円に到達した。
  • 二回突撃してしくじっている。突撃に意味はない。

楽天ブラックカードには様々なメリットがありますが、以下が普通のクレジットカードにはあまりない特典かと思います。

  • プライオリティパスで自分以外に同伴二名可
  • Taste of Premium(特に招待日和)が使える
  • コンシェルジュが使える
  • ブログの集客に使える
  • 限度額が最大1,000万円
  • 券面が黒い

このメリットのために年間33,000円払いますか?という話です。

高っ。となるなら解約すればよろしい。

安っ。と思うなら保有すればよろしい。

 

一時期悩んでいました。

個人的にはプライオリティパスで同伴二名できるのが圧倒的なメリットでしたが、コロナの影響で直近は海外旅行に行けません。

また、海外旅行に行ったとしても同伴する機会がほとんどありませんでした。

招待日和というゴージャスなコース料理が二人で行くと一人分が無料になる特典も見逃せません。

しかし、これはちょっとうさん臭くて、もともと一人分位の値段で済むコースを設定してませんよね、、?という気がしなくもなくもないです。

でも美味しいことは間違いなく、たまにはよいでしょう。

コンシェルジュも使えますが、コンシェルジュで安い航空券が取れるわけでもなく時間もかかるので、自分でやった方がよいです。

もちろん、忙しすぎて雑務をアウトソースしたい人にはおすすめです。

楽天ブラックカードがブログの集客に使えるというのも隠れたメリットでした。

一時は楽天ブラックカード記事を配信すると、Google様も大盤振る舞いしてくれたことがあり、一瞬で年会費の元を取れた、なんてこともあったのです。

しかし、今はそんなことはありませんので安心してください。

 

限度額が最大1,000万円なので、仕入れなどでお金をたくさん使う機会がある人にとってはこれも大きなメリットとなるでしょう。

でも私はそんなにお金を使う機会がないので100万円でも使い切れません。

楽天市場を使ったせどりとかできればいいのかもしれませんが、そこまでやる気になりません。

例えば、朝、駅前でネット価格でウィダーインゼリーとかカロリーメイトを売るとか?

私の励まし付で。

仕入れ価格で販売しても楽天ポイント分は稼げます。

やりますか?

やりません。

ということで、楽天ブラックカード必要ですか?と自問することはありますが、やはりその魅力は何と言っても券面です。

楽天カードなのにブラック。

分かりますか?

このギャップが私のハートをつかんで離しません。

このためなら年間33,000円位払ってもいいかなと思えます。

楽天ブラックカードホルダーのみなさんもきっとそうでしょう。

もしこれがノーマルの券面に戻ったら即解約します。

クレジットカードも見た目が9割なのです。