SPXLが120ドルを超えた

S&P500の3倍の値動きをするETFとして知られるSPXLが120ドルを突破しました。

SPXLに投機しているみなさま、おめでとうございます。

110ドルを突破してから1か月ちょっとで120ドルを突破しました。このスピード感がレバレッジETFの魅力です。

f:id:wakaiojisan:20210817082631p:plain

2018年のNISAでSPXLの投機を始めました。

コアサテライトのサテライト、アルファとベータのアルファ的位置付けでした。

この記事を書いている時点の保有状況は以下の通りです。

SPXLの保有状況

  • 価格:120.57USD
  • 単位:399
  • 金額:48,107USD(526万円) 
  • 損益:+29,816USD(+326万円 / +163.01%)

ちょうど200万円位を投じて、326万円を儲かっています。

そのほかにTECLとSOXLがNISA1年分ずつあって、それぞれ178万円、51万円の含み益があります。全部足すと、555万円となりました。

NISA口座でよかったです。

今後もこの調子で上昇してくれることを心から祈ります。

 

レバレッジ投機は、いろんな意味で油断はできません。

このことを思い出してください。

  • 2020年2月19日:75.83ドル(コロナ前の最高値)
  • 2020年3月23日:17.55ドル(コロナ時の最安値)
  • 2021年8月16日:120.57ドル(この記事を書いている時点)

2020年2月から一か月で4分の1以下になり、1年5か月ほどで6.87倍になっているのです。

ここに二種類の恐怖が集約されています。

急落の恐怖と暴騰の恐怖。

どちらかといえば青天井の暴騰の恐怖の方が大きいと思います。

リミットがないからね。

失うものは何かと言えば、SPXLに最初に投じた200万円やNISAの年間120万円です。

それで儲けはリミットレス。

乗るしかありません。このウェーブに。

過去の5年間のSPXL:4.84倍

f:id:wakaiojisan:20210817083551p:plain

過去の5年間のSPXL:13.70倍

f:id:wakaiojisan:20210817083632p:plain

過去の5年間のSOXL:15.30倍

f:id:wakaiojisan:20210817083715p:plain

もちろん過去のデータ通りになるわけではありませんが、以下の可能性を秘めているということは分かりました。

  • SPXL:200万円→968万円
  • TECL:120万円→1,644万円
  • SOXL:120万円→1,836万円
  • 合計:440万円→4,448万円

そんなに悪くない賭けだと思いますが、儲けが増えれば増えるほど壮絶なチキンレースみたいに感じになってきます。

今後も気を引き締めて投機を続けていきたいと思います。