33歳の米国株投資日記

生き方を変えよう

資産状況 2017年11月第1週

この週末は久々に快晴で気持ちのいい天気でした。今週の状況です。

f:id:wakaiojisan:20171105165530p:plain

  • 今週:216,815.63USD
  • 先週:217,307.65USD
  • 差異:-492.02USD (約56,119円)

先週比で約56,000円減りました。若干円安に推移しているようです。

為替レート:ドル=114.070円 人民元:17.172円

パフォーマンス比較

  1. Dow:+14.70%(+14.19%)
  2. VOO:+10.56% (+10.23%)
  3. VTI:+10.38% (+10.23%)
  4. PPP:+5.08% (+5.23%)
  5. 個別株:+3.63% (+4.26%)

個別株を始めた時からのパフォーマンスは上記の通りです。括弧は先週のリターンです。

順位に変動がありました。VOOがVTIを上回り二位となりました。インデックスは先週比で上げていますが、個別株は低調だということが分かります。

このため、総資産が減ってしまいました。主な理由は、GEやフィリップモリスなどの株価が下がったからです。フィリップモリスは-10.68%、GEは-24.54%になっています。個別株を始めて半年ほどですが、こんなにも差が出てくるんですね。

しかし、悪いことばかりではありません。

ロイヤルダッチシェルが続伸し、+19.37%まで上昇しています。もう一息でポートフォリオトップのHSBCを凌駕するところまできています。私のポートフォリオに英国ADRたちがいなかったら、本当に残念な感じになっていました。ダウの子犬だけのリターンは現時点で+0.52%です。かろうじて、プラスであるところにダウの子犬たちの意地が感じられます。

まとめるとポートフォリオ全体としては、ほぼプラマイゼロでした。もしゼロに近いポートフォリオが評価されるなら、かなり上位にランクインするのではないかと思います。

安心安全ポートフォリオの大躍進を期待したいと思います。