第247回TOEIC(2020年1月12日)受験した感想速報

二か月連続でTOEICを受験してきましたので、報告します。今回はぜんぜんだめでした。

前回はこちら

前回はだめだった割にはできたんですよね。

まぁ試験なんてそんなものです。

これが今の自己ベスト。

34歳にして自分史上最高地点に到達しました。

会社続けてたら、こんなことはなかっただろう。辞めてよかった。

ということで、趣味で満点を目指して適当に頑張っています。

でもその過程でたまにキラリと光る、有用な情報もあるかもしれませんので、引き続きブログをお読みになってください。

では、今回の感想です。

今回のだめは、次元が違います。

試験前に鼻水たらたらになってしまったからです。

何がトリガーになったか分かりませんが、たまにこうなります。アレルギー性の鼻炎なのだと思います。

リスニング Part 1

工具?の箱を見つめている写真でスタート。

前も思ったけど、公式問題集とかより全体的に難しい気がしました。

難易度が上がっているような。。

難易度:難

リスニング Part 2

やはりこのパートが苦手です。

ただでさえだめなのに、鼻水がたらたらなのでよりいっそうだめになりました。

このパートでリスニングを断念することにしました。

難易度:測定不能

リスニング Part 3 / 4

ティッシュの両端を鼻に突っ込み、今後の人生について考えていました。

難易度:測定不能

リスニング総評

今までで一番だめだと思うので、期待しててください。

 

次はリーディングです。

リーディングからは気持ちを入れ替え、ここで心機一転頑張ろうと思いました。

が、だめでした。

リーディング Part 5

時間は7~8分位

前回よりテンポよくいけましたが、鼻にティッシュを詰めていたので、本来の力を発揮できませんでした。

難易度:難

リーディング Part 6

これも8分位だっだと思います。

スピードを意識し、ようやくティッシュが身体の一部のように感じてきました。

難易度:難

リーディング part 7

Part7を始める前にちょうど1時間ありました。これは悪くないペースです。

しかし、後半にまた鼻水たらたらで机に置いておいたティッシュが底をつきました。

万事休すです。

試験官は、挙動不審な私のことを徹底的にマークしていたに違いありません。

まさかあのティッシュに何か書いてあるんじゃ、、

んなこたないよ。

ほんとに鼻水がとまらないんだよ。

あとでティッシュ広げて全部見せようか?

そんな沈黙の戦いを繰り広げ、リーディングは、3分ほど余らせて問題を解き終えました。

試験の出来がどうとかより、早く解放されたかった。思う存分、鼻をかみたかったです。

難易度:測定不能

リーディング総評

前回時間内に解き終わらなかったのですが、今回は時間内に終わってよかったです。

しかし、スピードを上げると正答率が暴落するので、結果は悪くなっているでしょう。

今回の結果は1月29日(水)でしょうか。

でも全然楽しみじゃない。

ということで、今回はちょっと残念でした。。

まぁ、体調も含め、毎回万全の状態で試験に臨めるわけではありません。

こういう残念なことがあっても、これはこれで良い経験になったと、今後に活かしていく所存です。

鼻にティッシュを詰めながらTOEICを解くチャンスはなかなかありません。

少し休んでまた明日から勉強をしよう。

次回は第248回(2020年3月8日)の予定です。

受験される方はともにがんばりましょうね。

私は英検に向けて、英作文のネタ収集を始めようと思います。

それでは、またお会いしましょう!

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

  • 作者:藤沢 数希
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/02/17
  • メディア: 新書