34歳の米国株投資日記

Not Financially Independent, Retire Early

VTI & SPXL & TECL 投資状況 2020年2月第4週

今週の状況です。

今週

f:id:wakaiojisan:20200229094034p:plain

先週

f:id:wakaiojisan:20200222095826p:plain

SPXLの状況

  • 単位:399
  • 金額:20,054USD(216万円) 
  • 損益:+1,763USD(+19万円 / +9.64%)

TECLの状況

  • 単位:41
  • 金額:8,512USD(92万円) 
  • 損益:-1,738USD(-19万円 / -17%)

前週比で、HSBC口座は21,675ドル(234万円)減りました。

SPXLは8,877ドル(96万円)減って、TECLは3,865ドル(42万円)減りました。

SPXLとTECLでいい感じで相殺されて、プラマイゼロになりました。

今週は、記録ずくめの一週間だったということで、投資家の皆さんは素晴らしいご経験を積まれたことと拝察します。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた今週(2月24~28日)の米国金融市場は記録ずくめの1週間となった。ダウ工業株30種平均は28日まで7日続落し、週間下落率は12%を超えた。リーマン・ショック直後の2008年10月以来の大きさだ。

米国市場にコロナショック 記録ずくめの1週間 (写真=ロイター) :日本経済新聞より転載

以下はCNBCからの引用で、今週のダウの下落幅です。

f:id:wakaiojisan:20200229095004p:plain

The Dow just lost 12% in one week. Here's why and what likely happens next

過去の調整履歴です。

f:id:wakaiojisan:20200229095056p:plain

The Dow just lost 12% in one week. Here's why and what likely happens next

私も資産が一瞬で消えてなくなりましたが、嘆いてもお金が増えるわけではありませんので、淡々と日々を生きています。

まぁこうなることは薄々感づいていました。

で、私の今後の予想なんだけど、もう一度厳しい下落が近々きます。

そこで、多くの人はエントリーするんだけど、その次にもっと激しい下落が来る。

そして、打ちのめされる。

見える、見えるぞ。手に取るようにわかる。

なんだかそんな感じがすることを私の身体が覚えています。

身銭を切りまくっていますからね。

今回悔しい思いをした人が、次の下落を狙って買うでしょ、そうすると、さらに下落し愕然とするというね。

私が何回も通り過ぎた道です。

それではまた「ダウが今年最大の下げ幅を記録した時のSPXLとTECLの下げ幅(3回目)」でお会いしましょう。

See you later!

ダウが今年最大の上げ幅を記録した時のSPXLとTECLの上げ幅(1回目) - 34歳の米国株投資日記

 からの、、

私の相場観もだいぶ磨かれてきましたね。

みなさん、安心してください。これが身銭を切った効果です。

とりあえず落ち着きましょう。

みなさんが投資をしているのは、今年大儲けしたかったからではなく、老後の資金を作るとか、セミリタイア用の資金を作るためだったのではないでしょうか?

ですから、10年後、20年後、30年後を見据えて投資をしていたはずです。

それなのになぜそんなに、今日、明日のことを気にするのか。

実際に投資本では、たまに株価が急落しますよ、と書いてあります。

今がそれです。

しかし、本で読んでみるのと、実際に経験するのはわけが違います。

もしかしたら、月収が消えた、、とか、年収が消えた、、とかいう人もいるでしょう。

まぁ、月収とか、年収とかいう尺度があるだけで十分幸せだと思います。

僕なんか無理やり年収という尺度を使えば軽く10年分は吹っ飛んでますからね。

 

ぴえん。

つまり、こういう試練を乗り越えないと、潤沢な老後資金やセミリタイア資金は手に入りません。

いかに短期的なアップダウンを乗り越えるか。

続けることがいかに難しいか。

牛尊師の偉大さが分かり始めてくるでしょう。

知力、体力、精神力、語学力、人へのおもいやり、すべてを総動員して、急落を乗り越える術を編み出していく。

それが長期投資家に問われる一つの才能です。

金融資産だけに目がとらわれると、急落相場はきついです。

ですから、もっと大切な自分自身の資産に目を向けましょう。

たとえ、金融資産がなくなっても、

  • マラソンをサブスリーで走れる。
  • 懸垂が20回できる。
  • 中国語の歌を歌える。
  • 寝起きでも英検1級に受かる。
  • そしてこのブログがある。

これらは貴重な私の資産です。

米国株が急落しても、懸垂ができる回数は変わらないし、走るスピードも変わらない。

今日も英語で一人スピーチができるし、中国語の歌を歌って気分爽快、リフレッシュ。

そして、ブログPVは上昇の一途を辿る。

これはSPXSみたいなものですね。

こういう資産にも着目して、全体の資産運用を心掛けるべきではないでしょうか。

いつからあなたはそんなにお金にとらわれるようになったのか。

株価急落して精神的に辛い方は、私のブログを読んで心を落ち着けましょう。

前の記事にも書きましたが、今はとにかく身体が資本です。心身共に健康第一です。

今はコロナにやられないよう、最大限の注意をして無理せずお過ごしください。コロナはもうすぐそこまで来ています。

こんな時は家でゆっくりするのがよろしいです。

それではよい週末をお過ごしください!