楽天ブラックカードを解約したい

私は楽天ブラックカードを保有しており、楽天ブラックカードを心から愛していますが、コスパという観点で見れば、保有する意義は微妙です。今回はその説明をします。

楽天ブラックカードのメリットは以下の通りです。

  • プライオリティパスで自分以外に同伴二名可
  • Taste of Premium(特に招待日和)が使える
  • コンシェルジュが使える
  • ブログの集客に使える
  • 限度額が最大1,000万円
  • 券面が黒い

デメリットは、33,000円の年会費がかかることです。

つまり、33,000円と上記のメリットはどちらが上回るかという話です。

冷静に考えれば、私の場合は33,000円の方が価値がある。となりました。

その理由は上記のメリットがほとんど活用されてないからです。

  • プライオリティパスで同伴二名可能だけど、そもそも一人旅が多い。
  • 招待日和に一緒に行ってくれるパートナがいない
  • コンシェルジュより自分でやった方が速くて安い
  • 限度額は20万円もあれば十分

ね。

 

ブログも以前ほどの盛り上がりはないですし、券面が黒いのも自分がシンプルでいいなと思っているだけです。

「黒い楽天カードってあったんだね?」

「これは楽天ブラックカードだからさ」

なんていう場面もありません。

唯一、これはメリットになるかもしれないと思ったのは限度額です。

なぜなら限度額をたっぷり使ってポイントを荒稼ぎできると思ったからです。

例えば、楽天ポイントが10倍つく場合、100万円使えば、10万円分つきます。

ブラックカードの限度額は最低でも300万円あるので、300万円使ったら30万円分のポイントがゲットできます。

だから、なにか流動性の高いものをウェブ価格でその辺で売りさばいたら、利益ゼロでも楽天ポイントだけは貯まっていくというね。

何かのビジネスの仕入れに使うとかだったらめちゃくちゃ有効です。

もしそういうことするんだったら限度額多い方がいいよね。と思いました。

とはいえ、限度額を増やすのは簡単ではありません。

速攻で却下されました。

まぁあってもそんなに使わないからいいけど。

ということで、前々から気づいてましたが、楽天ブラックカードのコスパは思ったよりもよくはないというお話でした。

しかし、僕と一緒に海外旅行に行ってくれたり、高級レストランで食事をしてくれたりするパートナが現れたら、話は違ってきます。

そうなれば楽天ブラックカードの本領を発揮できるかもしれません。

もう少しその可能性を吟味してから、楽天ブラックカードの解約を検討しようと思います。

しかし、楽天ブラックカードからの格下げはできなさそうだから、またゼロからのスタートになるのかと思うとちょっと残念ですね。

楽天カードか、楽天プレミアムカードか。

この辺りはもう少し調べてみようと思います。