賃貸で新築に住み続けるという選択肢

私は社会人になってからもう10回以上引っ越ししてきたので、自分にとってどのような家がいいのか大体わかってきました。

15㎡位からタワマンまで確かめて見ましたが、やはり新築は良いです。

全てが新品なので気持ちいいですし、本来使うべき用途を別の用途に使うことができるので便利です。

例えば、ウォークインシューズクロークがある新築マンションに住んでいた時、私はそれを本棚として活用していました。

そんな靴ないからね。

ウォークイン本棚にカスタマイズしたのですが、これが大変使いやすくて良かったです。

これは新築だからこそできることです。

やはり新築はいいな、ということで、必要最低限の設備を備えた新築に住み続けるのもありだな、となりました。

東京でも少し都心から外れれば、6万円でワンルーム、7万円でちょっと広めのワンルーム、8万円出せば、1LDKの新築に住むことができます。

新築に2~3年住んだら、次の新築へ。

みたいなライフスタイルも素敵だと思います。

 

これをほぼ永久的に実現できる資産を手に入れるのが当面の課題となります。

どうすれば月8万円のお金を手に入れることができるのか。

例えば、VTIなら年7%ほどのリターンがあります。

Vanguard ETF Profile | Vanguard

月8万円の家賃は年間96万円ですから、1371万円のVTIがあったら年間約96万円(月8万円)の家賃分位はVTIを持っていれば理論上稼げることになります。

安。

僕は今2600万円位のVTIがあるから、理論的には年間182万円位のリターンはあるということか。

そこそこのマンションに住めますね。

もちろん、毎回VTIを切り崩して家賃に充てるとか現実的ではありませんし、税金とか考えるとそんな単純ではありませんが、この考え方自体は大事です。

つまり、マイホームではなくて、マイVTIを手に入れよ。そして、増やせ。

ということです。

マイVTIがあれば一生新築に住み続けられるし、30年後でもボロボロの家ではなく、最新設備のピカピカの家に住むことができます。

またはVTIの分配金だけで家賃を賄うという手法もあります。

もし5000万円ほどのマイVTIがあれば、90万円ほどの分配金を得ることができます。(ざっくり年間1.8%で計算)

その分配金だけで家賃が支払えれば、VTIの分配金は右肩上がりで増えていく傾向にあるので、年を追うごとに予算が増えていきます。

1億円に到達したら、分配金だけで180万円ほどはあるはずです。

この状態まで行ったら大勝利ですね。

このマイVTIからしたたり落ちる雫で潤います。

ということで「VTI=新築の家」みたいになったらいいなと思っています。

教養としての投資入門 (朝日新書)

教養としての投資入門 (朝日新書)