三十七歳の日記

Diary of My Thirty-seventh Year

米国株投資状況 2021年10月第1週

今週の状況です。

HSBCのフォーマットが変わってしまい、これまでのページがなくなってしまいました。

今後はテキストで投資状況をお伝えします。

VTIの保有状況

  • 価格:225.12USD
  • 単位:1084
  • 金額:244,030USD(2,711万円) 
  • 損益:+118,924USD(+1321万円 / +95.06%)

SPXLの保有状況

  • 価格:110.69USD
  • 単位:399
  • 金額:44,165USD(491万円) 
  • 損益:+25,874USD(+287万円 / +141.46%)

TECLの保有状況

  • 価格:59.12USD
  • 単位:410
  • 金額:24,239USD(269万円) 
  • 損益:+13,989USD(+155万円 / +136.48%)

SOXLの保有状況

  • 価格:40.07USD
  • 単位:360
  • 金額:14,425USD(160万円) 
  • 損益:+3,625USD(+40万円 / +33.57%)

合計

  • 金額:326,860USD(3,631万円)
  • 損益:+162,412USD(1,827万円)

先週比損益

  • VTI:  -4,900ドル(54万円)
  • SPXL:-3,128ドル(35万円)
  • TECL:-2,719ドル(30万円)
  • SOXL:-2,837ドル(31万円)
  • 合計: -13,584ドル(151万円)

投資金額はバラバラですが、下落金額はいい感じでバランスが取れています。

1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反発し、前日比482ドル54セント(1.4%)高の3万4326ドル46セントで終えた。製薬のメルクが1日、開発中の新型コロナウイルス経口治療薬の有効性を確認し、早急に緊急使用許可を申請すると発表した。治療薬が普及すれば、経済活動が正常化に向かうとの見方から、経済再開の恩恵を受ける銘柄に買いが集まった。

今週は久しぶり下げたなという印象でしたが、もう大丈夫そうな雰囲気なので安心しました。

さて、冒頭にもお伝えした通り、HSBCのウェブサイトのフォーマットが変わりこれまでのポートフォリオが見れなくなりました。これを機にテキスト形式で投資状況をお伝えします。

今まではVTI1000単位のみでしたが、今回から追加投資分の84単位を追加しました。

よって以下の株をフォローしていくことになります。

  • VTI:1084株
  • SPXL:399株
  • TECL:410株
  • SOXL:360株

これらが米国市場で投資している株たちです。

あとは楽天VTIやSBI全米株や日本株も保有していますが、上記4銘柄の投資状況のみをこれまで通りレポートしていきます。

レバレッジ銘柄はNISA任期満了となったらVTIに吸収されていく見込みです。

新NISAではレバレッジ銘柄に投機できなくなるので、そのうちVTIのみの美しいポートフォリオが完成するでしょう。

VTIに投資し続けて、億万長者を目指したいと思います。