三十七歳の日記

Diary of My Thirty-seventh Year

立川のSORANO HOTEL(ソラノホテル)に泊まった感想文

立川にあるラグジュアリーなホテル、SORANO HOTELに宿泊してきたのでレポートを配信させていただきます。ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。

SORANO HOTELは、2020年6月8日に東京の立川にオープンしたホテルです。

SORANO HOTEL は、東京立川に誕生した新発想のホテルです。
コンセプトは、心にも体にも健やかであること「ウェルビーイング」。
新宿からたったの30分で非日常に飛び立ち、食、温泉・スパ、フィットネス・ワークショップなど様々な癒しを気軽に楽しむ。
「ウェルビーイング・ショートトリップ」という新しい旅のご提案です。
従来のホテルの常識に捕らわれず、自由な発想で、お客さま、そして地域のみなさまに、新しい時代の、新しい心地よさとよろこびをお届けしたいと考えます。

だそうです。

少し遅めのチェックイン(16時)プランで、ちょうど3万円位でした。

感想は、ウェルビーイング・ショートトリップを完璧に堪能でき、大満足でした。

また利用したいと思います。

入口はこんな感じです。

f:id:wakaiojisan:20211130122406j:image

お部屋は9Fのスカイキングパークビューです。

SORANO HOTELの客室上層階に位置した眺望の良い客室です。客室中央にはキングベッドが1台。窓越しのバルコニーから、時間とともに移り変わる空を、そして眼下に広がる豊かな緑をお楽しみください。2名様仕様のゆったりとした客室です。

スタンダード | 東京 立川 SORANO HOTEL

f:id:wakaiojisan:20211130122422j:image

ベッドはキングサイズの正方形で最高でした。

f:id:wakaiojisan:20211130122437j:image

バルコニーからは昭和記念公園が、晴れた日は富士山が臨めます。

f:id:wakaiojisan:20211130122453j:image

近くに伊勢丹とか髙島屋があるので、閉店間際の割引になったお寿司で質素な夕食を楽しみました。

f:id:wakaiojisan:20211130122507j:image

お腹が満たされたら最上階のインフィニティプールで多摩の夜景を楽しみました。

水着レンタル(男性は440円でした)があるので、手ぶらでも大丈夫です。

念のためですが、手ぶらとは水着を持っていかなくても大丈夫、という意味です。

ちなみに、利用料金が2,200円かかりますが、SORANOロイヤリティプログラムという会員(無料)になると、宿泊者全員が無料になるので、絶対に会員になった方がいいです。

f:id:wakaiojisan:20211130122526j:image

寒くないのか、と思われるかもしれませんが、温水プールなのでまるで露天風呂に入っているかのような気分です。入り心地は最高でした。

インドアスパという室内の温泉もあります。この土地からくみ上げた独自の温泉をしようしているそうです。

インフィニティプールでくつろいでいる図です。

f:id:wakaiojisan:20211130122618j:image

温泉ブログでよくあるやつですね。

インフィニティプールにはバーが併設されていて、水着のままで飲み物などが楽しめるエリアと水着では入れない食事をするエリアに分かれています。

インフィニティプールを楽しんだ後に、バーに行ってみました。

こちらもまた貸し切り状態でした。

ビールが一杯1,200円位したので、やはり標高が高い所のビールは高いな、と思いました。

f:id:wakaiojisan:20211130122636j:image

翌朝は快晴でバルコニーから美しい富士山を見ることができました。

完璧な朝でした。

f:id:wakaiojisan:20211130122646j:image

ということで、最高の時間を楽しむことができました。

平日なら人も少ないし、宿泊料金も比較的安いです。

普段は多摩地区の安い家に住み、たまにラグジュアリーなホテルに泊まってウェルビーイングショートトリップを楽しむ。

これがいいですね。

家をグレードアップさせると固定費がかかるし、そのうち飽きてしまいますが、たまにこのようなホテルに来るのは新鮮だし、旅行感を楽しめるのでワクワクします。

ということで、今後もSORANO HOTELに通って、心も身体も健やかに保ちたいと思います。